Voyage 〜夢の向こう側〜 ヒーリングジャズピアノのジャケット写真

Voyage 〜夢の向こう側〜 ヒーリングジャズピアノ

-

桃瀬茉莉

Voyage 〜夢の向こう側〜 ヒーリングジャズピアノ

  1. Voyage (piano solo version)
  2. 皐月 〜Longing〜 (夢の向こう側 version)
  3. 空と海の旅人

せわしない日々を生きる人のための、疲れた心を癒すヒーリングジャズピアノ。音楽の持つ力で今を頑張って生きる人々の心の癒しとなる場所を作りたく、音楽活動をしています。移りゆく季節や空の色、森や風の香り、内面的な感情を曲に綴り届けています。 2017年にリリースされた、桃瀬茉莉オーケストラ「Voyage ~夢の途中~」。 その続編、ピアノソロシングル「Voyage ~夢の向こう側~」は、日本最高峰のレコーディングエンジニア3名によりレコーディングされた、3つの全く異なるピアノサウンド。 曲のイメージごとに、それぞれのエンジニアにより、全く異なるマイキングで録音され、曲の世界が描き出されていく。 1曲目のタイトル曲「Voyage」は、前回のオーケストラバージョンと対照的なピアノソロ。ダイナミクスレンジとスケールの大きさをより立体的に広げたマイキング&ミキシングで、ピアノで一つで奏でるオーケストラが広がる。 2曲目の「皐月~Longing~」では1音目から空気がガラリと変わる。繊細なタッチとボイシングを、ナチュラルで温かい質感を活かした録音技法で最大限に引き出す。そっと立ち昇る音は、まだ見えない夢の向こう側への憧れを思わせる。 3曲目「空と海の旅人」では、日本最高峰のエンジニアの技術で、ピアノの壮大なスケール感、グランド感とともに、大きな深いブルーの海の中へ。一つのドラマを越え、旅人は最後は一人になる。夢の向こう側はまだ見えず、旅は続いていく。

桃瀬茉莉

「心を癒すヒーリング・ジャズ・ピアノ」をテーマに、心に響く美しいメロディを大切に、季節の移ろいや空の表情をドラマチックに描いたオリジナル曲を作り、届けている。 神奈川県厚木市出身。2歳よりピアノを始め、桐朋学園大学音楽学部入学後より全国各地でライブ活動を行いクリス・ハートのバックにてNHK「SONGS」などに出演。 これまでに自身の作編曲作品として10枚のCDをリリースし毎年リリースツアーを行う。 2017年に活動10周年を記念して「桃瀬茉莉オーケストラ」を結成し、作・編曲全てを自身で手がけたホールレコーディングアルバム「Voyage~夢の途中~」をリリース。 自身のプロジェクトでのライブ活動は、ピアノソロからジャズのピアノトリオ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団のメンバーとの室内オーケストラ編成など様々なスタイルで行う。ジャズやクラシックの要素を取り入れた自由な音楽は、ジャンルの架け橋となっている。 「ヒーリングジャズ」を提唱し、より多く人の心に寄り添い、音楽の持つ力で今を生きる人々の心の癒しとなる場所を作るべく音楽活動を行っている。

アーティストページへ

Healing jazz records