WAKAN + UGADUB

  1. ふるべゆらゆら
  2. 石のこんきち
  3. 小狐丸
  4. 電気のロボット
  5. 歌え風よ

早乙女和完(63)は日本の古典音楽の教育を受けたベテラン三味線奏者です。長唄・小唄など古典芸能の世界で活動する一方、ブルースやロック、ファンクなどの西洋ポピュラー音楽の演奏にも情熱を注いできました。


その早乙女が、東京を拠点とするベース奏者・プロデューサー・写真家の烏賀陽(うがや)弘道とコラボレーションを始めたのは2018年です。ギター、ドラム、ベースの3人組バンドとライブを展開するほか、録音を重ねました。このアルバムはそんな「ワカン&ウガダブ」としての第一作。2018年から2020年にかけて撮りためた5曲が収録されています。「小狐丸」が古典曲である以外は、早乙女のペンによるものです。録音は、東京・月島にある烏賀陽のスタジオ「ウガヤサウンドスタジオ」で行われました。




早乙女和完:三味線と唄

中里つよし:エレクトリックギター

堀口隆史:ドラムス

烏賀陽弘道:エレクトリックベース、シンセサイザー



作曲・作詞 早乙女和完

ミックス:中里つよし、烏賀陽弘道

マスタリング:中里つよし

企画・プロデュース・録音:烏賀陽弘道

Ugadub Record