UPGRADEのジャケット写真

歌詞

Make me high

Mion

Can't stop forever

You're my bredda forever

Remember you say that

It's you don't stop forever

朝日の向こうに

また迎えるMorning

Closeはまだ進むStory

ここで俺らは Growing

うるさい事はもういい

Bad mindとは程遠い

グラス交わそうぜHomie

死ぬまでつるむいつかOG

おい諦めるのはまだ

見ていてくれよMy bredda stand up

出来ない人のせいには

俺は違う政治家 You know that

時には寄り道もあり

I got many memory 登り下り

過去にはない未来に期待

分かってるよそれは俺次第 I feel

飛び越えるGap Like a Ollie

次の目標が指す方位

続けてきたこのRoutine

朝方でもまだStill moving

向かう場所は遠い

Long way that's original story

Ready to get chance

I don't care hater

昨日が終わる 今日夜は明けた

朝日の向こうに

また迎えるMorning

Closeはまだ進むstory

ここで俺らはGrowing

うるさい事はもういい

Bad mindとは程遠い

グラス交わそうぜHomie

死ぬまでつるむいつかOG

Can't stop forever

You're my bredda forever

Remember you say that

It's you don't stop forever

Hater見てちゃ

とび越えれない自分のメーター

なに感じ口にするのそれは計画

同じ間違いは無しだ

しないPlay back feed out

踊らされるPaper

でも今爆音で踊りたいそれがテーマ

勝ち負けとか別に俺はいーや

自分信じた道進むWay of life

俺にとっては簡単じゃない

時に行かない思うように

Studioで迎えるMorning

思い出す曲でRolling

この出来事忘れぬように

また増やしてくStory

Not easy life speedy

気付きゃ針刺す 朝の5時

次は二度と来ない太陽は昇り

朝日の向こうに

また迎えるMorning

Closeはまだ進むstory

ここで俺らはGrowing

うるさい事はもういい

Bad mindとは程遠い

グラス交わそうぜHomie

死ぬまでつるむいつかOG

Can't stop forever

You're my bredda forever

Remember you say that

It's you don't stop forever

  • 作曲

    YoungBeat’s Instrumental

  • 作詞

    Mion

UPGRADEのジャケット写真

Mion の“Make me high”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

仲間への感謝やある女性との出会い、裏切り、そして人とは違う生き方。人と人の繋がり、その中で自分を"UPGRADE"する生き様をそのままリリックに描いた等身大アルバム。
13曲中12曲がセルフプロデュース。
KEIJU、VIGORMANをはじめとする名だたるアーティストを客演として迎えている。

過去ランキング

Make me high

iTunes Store • レゲエ トップソング • 日本 • 19位 • 2021年11月5日 Apple Music • レゲエ トップソング • 日本 • 121位 • 2021年10月21日

アーティスト情報

  • Mion

    1990年に仙台で生まれる。14歳の頃、HIP-HOPに影響を受けRAPを始める。16歳になった頃、本格的にレゲエアーティストとして活動を開始。以降、StarBwoyWorksがプロデュースする「Money Clip Riddim」を始め、多くのRiddimに参加。2021年、自身の1stアルバム『UPGRADE』をリリースし、iTunesのレゲエジャンルでアルバムランキング1位を獲得。  また、レゲエアーティストとして活動をする一方、『YOUNG BEATS INSTRUMENTAL』名義で自身のトラックの他、KEIJUの楽曲『Tears』など、名だたるアーティストに楽曲を提供するトラックメイカーとしても活動をしている。  ジャンルの壁を越え、幅広い活動を行うそのスタイルは、唯一無二のスタイルであり、今後の活動にも注目が集まる。

    アーティストページへ

YoungBeat’s Instrumental

"