UPGRADEのジャケット写真

歌詞

No one like you

Mion, VIGORMAN

I never see like you before

覚えてる今も高鳴る鼓動

変わって見える世界でかかる魔法

他には無い君と俺の場所

Still君と踊っていた夜過ぎる

One night

止まらない時計の針

I'm just crazy I'm just crazy

Cuz Tee and Henny and THC

誰も知らないBarに2人

薄暗い雰囲気により増してく

酔いもまわりまたWine for me baby

ClubにてGo for ride

君俺の手を離さない

遊び尽くしてるLife

連れてくNext worldへ今夜のFlight

何か君で変わってく

それでペンが動いてる

これで走るMy way

もう誰も止めれない

I never see like you before

覚えてる今も高鳴る鼓動

変わって見える世界でかかる魔法

他には無い君と俺の場所

Time so speedy

Life is fast So 詰め込むFeeling

君とならSweet things

忘れさせてくれるさ

Life is not easy

Aye girl

Idlingすらできる訳ないのに

五感全てが I want it

2人分け合うTime so sweet

理性がブッ飛んだ夜の事

見せてないだけ男心は1,2, Step

踏むみたいに単純で

Ride on night, I'm like a cowboy

でもいらないPussy cat doll woo

俺は追われてるより

追う恋に焦がれてる

I never see like you before

描いてた小さい宇宙に行こうぜ

We go

I never see like you before

覚えてる今も高鳴る鼓動

変わって見える世界でかかる魔法

ちょっと時間はかかるかも

他にはない君と俺の場所

Time so speedy

Life is fast So 詰め込むFeeling

君とならSweet things

忘れさせてくれるさ

Life is not easy

Time so speedy

Life is fast So 詰め込むFeeling

君とならsweet things

忘れさせてくれるさ

Life is not easy

  • 作曲

    YoungBeat’s Instrumental

  • 作詞

    Mion, VIGORMAN

UPGRADEのジャケット写真

Mion, VIGORMAN の“No one like you”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

UPGRADE

Mion, VIGORMAN

仲間への感謝やある女性との出会い、裏切り、そして人とは違う生き方。人と人の繋がり、その中で自分を"UPGRADE"する生き様をそのままリリックに描いた等身大アルバム。
13曲中12曲がセルフプロデュース。
KEIJU、VIGORMANをはじめとする名だたるアーティストを客演として迎えている。

過去ランキング

No one like you

iTunes Store • レゲエ トップソング • 日本 • 16位 • 2021年10月21日 Apple Music • レゲエ トップソング • 日本 • 83位 • 2021年10月21日

過去プレイリストイン

No one like you

Apple Music • 78 musi-curate TuneCore Japan zone • 2021年11月2日 Spotify • tuneTracks Weekly • 2021年10月23日

アーティスト情報

  • Mion

    1990年に仙台で生まれる。14歳の頃、HIP-HOPに影響を受けRAPを始める。16歳になった頃、本格的にレゲエアーティストとして活動を開始。以降、StarBwoyWorksがプロデュースする「Money Clip Riddim」を始め、多くのRiddimに参加。2021年、自身の1stアルバム『UPGRADE』をリリースし、iTunesのレゲエジャンルでアルバムランキング1位を獲得。  また、レゲエアーティストとして活動をする一方、『YOUNG BEATS INSTRUMENTAL』名義で自身のトラックの他、KEIJUの楽曲『Tears』など、名だたるアーティストに楽曲を提供するトラックメイカーとしても活動をしている。  ジャンルの壁を越え、幅広い活動を行うそのスタイルは、唯一無二のスタイルであり、今後の活動にも注目が集まる。

    アーティストページへ

  • VIGORMAN

    アーティストページへ

YoungBeat’s Instrumental

"