違和感を唱え 終わりの鐘が鳴る前に のジャケット写真

違和感を唱え 終わりの鐘が鳴る前に

-

マシリト

違和感を唱え 終わりの鐘が鳴る前に

  1. FRIDAY MOON
  2. バイバイ・ミー
  3. ゴーストライダー
  4. 愛情シンポジウム
  5. BETA
  6. 永遠の歯車
  7. 反逆のカレラ
  8. タイムマシーンはいらない

印藤勢(Vo/Gu)の歌/詩/ギターに宿されたマシリト節により磨きがかかり、より研ぎ澄まされた鋭利なサウンドメイク。前作リリース時期の、日本が誇るカオスドラゴンライジング・TERROR SQUADとのツアーがそうさせたのか、ファンタジーの住人というよりはドラマティックの住人ヨロシクな劇的な世界観を感じれる。哀愁はより憂いを帯びているのに高揚感を与え、毒づき過ぎた歌謡ワールドはさらに独自のテイストを放つ。聴けは聴くほどに中毒感は増し、思わずメロディーを口ずさむ。前作に続きHESOMOGE(http://hesomoge.com/)がアートワークを担当しているのだが、20Pに及ぶブックレットはすべて楽曲と詞にインスパイアされた描き下ろし。

3rdアルバム同様、今こそ再評価されるべき1枚。

マシリト

1999年、幼馴染である印藤勢(Vo、Gt)と川敦(Ba)により地元・練馬にて結成。 2008年リリースの4th Album「違和感を唱え終わりの鐘が鳴る前に」より石川大輔(Dr)加入。 8年の充電期間を経て、2017年活動再開。 邪悪なリフワークと対照的な歌謡センス、文学的とも喩えられる詩はファンタジーとリアルを行き来する人々に依存性が強い。

アーティストページへ

ANTIKNOCK RECORDS