トラックリスト

  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

2010年の解散ライブから10年の時を経て、2020年2月に再結成を果たしたスケボーキング。 本格的な活動再開を発表したその矢先に世界中をコロナショックが襲い、4月に予定されていた復活ライブを はじめ全ての公演がキャンセルされた。
それから約半年間、スケボーキングは再び沈黙の時を重ねる...。 「SBKは果たして本当に復活したのか!?」そんな声まで囁かれ始めた2020年後半、今年も残すところあと僅 かというこのタイミングで遂にスケボーキングが姿を現す!
新作のリリースとしては12 年振りとなる作品が遂に完成!
“過去”“現在”“未来”を縦横無尽に行き来し、進化と普遍性を遊び心溢れるスタンスでクリエイトした新曲はま さにスケボーキングの真骨頂! 彼らの現在(いま)がストレートに表現された両A面デジタルシングル「不気味の谷」と「キャプテン隊⻑」 の2曲を是非お楽しみください。

過去ランキング

不気味の谷

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 7位 • 2020年12月3日

過去プレイリストイン

不気味の谷

Apple Music • 78 musi-curate TuneCore Japan zone • 2020年12月15日 Spotify • tuneTracks Weekly • 2020年12月5日

アーティスト情報

  • スケボーキング

    1995年結成。 2000年1月インディーズ時代の楽曲のベストアルバム『SUPER BEST』でデビュー。 2001年小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」をサンプリングした「TOKIO LV」がオリコンウィーク リーチャートで10位にランクイン。一気に知名度を拡げた。 2002年には嵐に少年隊の楽曲「ABC」をサ ンプリングしたシングル「a Day in Our Life」を提供し話題を集めた。 ヒップホップとロックをミックスするスタイルで、2000年代初頭に起こったミクスチャームーヴメ ントの 旗手として一躍シーンの代表アーティストとして注目を集めた。 Dragon AshのKJをゲストに招き発表されたコラボ作品「EPISODE1」は大きな話題を集めその後 SBKとDragon Ashが交互に発表する「EPISODEシリーズ」として現在までに6作品が発表されて いる。 2010年6月にSHIBUYA-AXで行われたデビュー10周年ライブ『EPISODES』を以って解散を発表。 2020年2月、約10 年の時を経てSHIGEO(ボーカル/ラップ)SHUN(ボーカル/ラップ)SHUYA(スクラッ チ)MASH(ベース)、解散時と同じ4人のメンバーでの再結成。

    アーティストページへ

Things Records