のジャケット写真

禁煙席

  1. 禁煙席

人間味溢れた歌詞とストレートな歌声で魅せるシンガーソングライター見田村千晴。
今秋発売予定のアルバムに先駆けた、3ヶ月連続配信リリースの第一弾となる今作『禁煙席』は、過去と現在の狭間で揺れ動く女性の心情を鮮やかに描いている。
ライブでの人気曲が、セルフプロデュースにて待望の音源リリース!

見田村千晴

見田村千晴(みたむら・ちはる) 1986年5月15日生まれ、岐阜県出身。 人間味とリアリティに溢れた独特な歌詞をストレートな歌声で届けるシンガーソングライター。 幼少期よりクラシック音楽教育を受け育つ。高校時代は合唱に打ち込む。 2005年、大学進学とともに上京。バンドサークルにてギターと曲作りを始める。 2007年、ギター弾き語りでのライブ活動を始める。2011年にはユニクロ「ヒートテック」CMに出演するなど活動の幅を広げ、2013年メジャーデビュー。同年末には桑田佳祐が選ぶ「邦楽ベスト20」の4位に収録曲の『悲しくなることばかりだ』がランクインした。 2015年4月、メジャーファーストフルアルバム『正攻法』をリリース。初の全国ワンマンライブツアーを成功させる。 2017年3月、初のセルフプロデュースにて、ミニアルバム『きっといつか消えてしまう、』をリリース。 2019年10月9日、新アルバム『歪だって抱きしめて』をリリース。ライブツアーも決定している。 現在、FM GIFU「Meets up Friday」(毎週金曜 16:00〜19:00)のパーソナリティーとしても活躍。

アーティストページへ

KICHIJITSU RECORDS