Sweet For Your Coffee

  1. Sweet For Your Coffee
  2. My Sweetest Coffee

無類のラヴァーズ・ロック愛好家、ズングズング(EMPEROR)とコウ(EARTH BEAT)による日本のラヴァーズ・ロック専門レーベル「It's a Romance Production」から第2弾リリースが決定。「Sha La La(2017)」から約3年ぶりとなるフランキー・パリスの愛らしい極上ラヴァーズ・ロック・チューン。 バッキングも清々しい朝を華やかに演出してくれる最高のリズム・セクション。 気怠い朝、目覚めのコーヒーととみに味わいたい、甘く温かいラブ・ソングだ。 さらに円藤 正吾による同トラックでの甘美なギター・インストを収録。

過去ランクイン

Sweet For Your Coffee

iTunes Store • レゲエ トップソング • 日本 • 2位 • 2020年10月22日 Apple Music • レゲエ トップソング • 中国 • 104位 • 2020年11月21日 Apple Music • レゲエ トップソング • シンガポール • 107位 • 2020年11月21日

過去プレイリストイン

Sweet For Your Coffee

Spotify • Women's Voice • 2020年10月21日

FRANKIE PARIS

10代の頃にダンスホール・クラシックに魅了され、歌い手としてのキャリアをスタートさせる。そんな彼女が特に惚れ込んだもの、それは英国産のレゲエ・ミュージックだった。古いものから新しきを知る、そんな文化が根付いたイギリスから多くの影響を受けており、彼女の音楽スタイ ルに色濃く反映されていると言えるだろう。立ち振る舞いやファッションからも伝わってくるよ うに、固定概念やジャンルに囚われない自由でユニークなキャラクターは各関係者やリスナーか らの評価が高い。近年は自身のルーツであるダンスホール・スタイルと並行し、ラヴァーズ・ロッ ク・アプローチの楽曲にも力を入れている。初のラヴァーズ・ロック作品としてリリースされた7 インチ・シングル『Sha La La(2017)』を聴いてわかるように、まるで70年代から80年代頃のUKラヴァーズ・ロックを彷彿とさせる、そのピュアな歌声は今の日本のレゲエ・シーンでも唯一無二の存在である。今後のクロスオーバーな活動に期待したい。

アーティストページへ

Shogo Endo

Guava Dub

It's a Romance Production