THE ISLAND

  1. The Island
  2. Lighthouse
  3. Sea Slugs
  4. Too Far
  5. 16 Years
  6. Meripo
  7. Flashback
  8. The Dawn
  9. No Promised Land
  10. Waves
  11. Rays

孤高でいて温かく、実験的なのにポップ。
HOOT STRINGSが辿り着いた「音楽の島」がここに。

ギタリストKyoheiとベーシストTacの加入後初となるスタジオアルバム。朴訥としながらもエモーショナルな詞曲に、ソリッドかつワイルドな演奏に支えられるリズム、アヴァンギャルドで時にメロウなギタープレイが加わり、壮大なフォークロックサウンドからミニマルサウンドまでを行き来する独特の音楽世界が構築されている。
カントリーやフォーク、60〜70年代ロック、パンク、グランジ、エモ、ローファイ、果てはノイズミュージックまで、様々な要素が好き放題に取り入れられたサウンドであるにも関わらず、良質な日本語ロックアルバムとして聴けてしまう点もこの作品の魅力と言える。
「THE ISLAND」のタイトル通り、バンドが辿り着いた新境地を「島」に例えたコンセプチュアルなアルバムでもあり、全編を通して聴くことによってその世界を深く堪能出来る仕上がりとなっている。

どこにでもありそうでどこにもない、どこか新しい音楽が鳴り響く未踏の「島」がそこで待っている。

HOOT STRINGS

Yoshimi(Vo,G)とKen(Dr)を中心に2009年結成。 カントリーやフォークなどアメリカンルーツミュージックのエッセンスを吸収・咀嚼し、ポップミュージックに昇華させるオルタナティブロックバンド。 メンバーチェンンジを経ながらも東京を中心に活動を続け、2019年のKyohei(G)の加入によりノイズミュージック的アプローチを織り交ぜ音楽的進化・深化を果たす。 また2019年より様々な現場で活躍するベーシストTacが参加。朴訥としながらもエモーショナルな詞曲に、ソリッドなリズムとアヴァンギャルドな演奏が加わり壮大なフォークロックサウンドからミニマルサウンドまでを行き来する独特の音楽世界を構築している。

アーティストページへ

BOSCAGE RECORDS