On The Groove In The Cityのジャケット写真

歌詞

A LOOK

J.COLUMBUS, MASS-HOLE

A LOOK ALOOK A LOOK A LOOK

歩く 歩く 歩く 歩く

A LOOK ALOOK A LOOK A LOOK

歩く 歩く 歩く 歩く

A LOOK ALOOK A LOOK A LOOK

歩く 歩く 歩く 歩く

ロングコート追いかけるTHROW BACK

YOU KNOW ME 俺は知ることはない

波打ち際ブーツ 少し見えるソックス

ベッド二つ分 出発の部屋

ラダーを登り 確か見たルート

数十分埋まってくロードマップ

シャーピーのレッド 三菱のマーカー

SMOKE BLOW DRINK 歩く

無くなったチェーン 新しい鍵

足だけが向かう 顔のない朝日

溶けて行く明日 話の邦題

NO TIME UP 鳴らす鐘

振り返り見る ウィンドウ先の絵

逆さま読み解いた テキスト詩

等身大の影 踏み込む広場

足だけが知る 消えたHOURS

A LOOK ALOOK A LOOK A LOOK

歩く 歩く 歩く 歩く

A LOOK ALOOK A LOOK A LOOK

歩く 歩く 歩く 歩く

A LOOK ALOOK A LOOK A LOOK

歩く 歩く 歩く 歩く

大切な日 外で空ける缶

走る右手 空間変えるのは数秒

気持ちのまま吸い込むWORDS IN BRAIN

BREAKING BUD 深く膝をつく

北を向かうワゴン アクセル足を置く

即答する晴れたら見える霧

深い砂 スワンプ 隣の砂場

歌った 秘密じゃなくTRUEを

A LOOK ALOOK A LOOK A LOOK

歩く 歩く 歩く 歩く

A LOOK ALOOK A LOOK A LOOK

歩く 歩く 歩く 歩く

A LOOK ALOOK A LOOK A LOOK

歩く 歩く 歩く 歩く

当たり前のこと虚飾に消えた夜

独り言葉飲み込んだ夕闇

口開き受けるボールは白に土

白いソール少しのはねた雨

赤くともるCHEEKS 湿るLIPS

MIXSHOW合わせるチャンネル

TIMBERLANDとサンダル

ステア三段飛ばしてる子供

得るものも確かにたくさんある

甲州、環七ものがあふれてた

あぶれるのは私も変わらない

触らないのは性に合わない

伏せた写真立て憂う眼差し

まだ始まりに触れないペーパーブック

テーブルに書き置きBEATS&RHYME

テープに吹き込んだFISH & CHIPS

  • 作曲

    MASS-HOLE

  • 作詞

    J.COLUMBUS

On The Groove In The Cityのジャケット写真

J.COLUMBUS, MASS-HOLE の“A LOOK”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

On The Groove In The City

J.COLUMBUS, MASS-HOLE

  • 1

    シティーオブグラス

    J.COLUMBUS, MASS-HOLE

  • 2

    SKIT 1

    J.COLUMBUS, MASS-HOLE

  • 3

    ボトルと世界

    J.COLUMBUS, MASS-HOLE

  • 4

    SKIT 2

    J.COLUMBUS, MASS-HOLE

  • ⚫︎

    A LOOK

    J.COLUMBUS, MASS-HOLE

    E
  • 6

    SKIT 3

    J.COLUMBUS, MASS-HOLE

  • 7

    RAINY TOWN

    J.COLUMBUS, MASS-HOLE

  • 8

    PAUL AUSTER MURDER RHYME

    J.COLUMBUS, MASS-HOLE

  • 9

    OUTRO

    J.COLUMBUS, MASS-HOLE

日記を書かないラッパーの独白。あるいは日付が溶け込んだダイアリー。過去と記憶、それを確かなものにするように、ひとつの人生から大切に、感情的に、冷静に、真摯に向き合い選び出された言葉。いつかの日の出来事、今日の思索、また別の日の感慨が、言葉を与えられ素晴らしいトラックの上で並び替わり繋がり重なっていく。過去と記憶が音楽に、全てを記録できないひとつの人生が、聴いたり話したり体を揺らしたりできるものになる。個別のトピックやエピソード以上にLIFEそのものを感じるこの音楽にあるのは、素晴らしい感動と魅力的な分からなさと独特な語り口。それに、秘密ではなくTRUEの説得力。これまでの人生、生活が新たに選ばれた言葉で物語られた音楽。頁をめくるように大切に繰り返し聴いて意味を探していきたいこの音楽を、わたしはLIFE MUSICと呼びたい。

アーティスト情報

WDsounds

"