KITAZAWAのジャケット写真

歌詞

鳴らし続けよう

B.T.Reo 440, CHOUJI

音を鳴らし続けよう

苦しみ感じて

音を鳴らし続けよう

悲しみ感じで

音を鳴らし続けよう

途方に暮れても

音を鳴らし続けよう

愛を感じて

5月のある日、急にだるい

明日は滋賀に、デッパツ

なのに突発、的な熱発

38.6°まじかよオーシッ

まるで体がオーバーヒート

おでこに貼る熱さまシート

ギリギリまで諦めない

熱下がらず飛行機乗れない

申し訳ないがどうしようもない

子供小さいから心配

その情報あてにならない

何かあってからでは遅くないか

悪くなる症状、できない行動

あいつは軽症、あいつは重症

元気なおばーがそっこー死んだ

まさかや、まさかや

音を鳴らし続けよう

苦しみ感じて

音を鳴らし続けよう

悲しみ感じで

音を鳴らし続けよう

途方に暮れても

音を鳴らし続けよう

愛を感じて

結果は陽性そんな妖精

ピーターパンまたはピーターアーツ

踏んだり蹴ったりフローするライミング

最近やたら苦労するタイミング

吸って食って吸って寝て

起きて吸って書いて吸って

食って吸って吸って

味と匂い無し

  • 作曲

    B.T.Reo 440

  • 作詞

    CHOUJI

KITAZAWAのジャケット写真

B.T.Reo 440, CHOUJI の“鳴らし続けよう”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

KITAZAWA

B.T.Reo 440, CHOUJI

西東京で活動するビートメーカー“B.T.Reo 440”と沖縄の音楽家でありラッパー“CHOUJI”がジョイントEPを発表!
2021年6月某日、B.T.Reo 440がCHOUJIにビート送り、2日で4曲のレスポンス。あまりの速さに、そしてラップのクオリティーに驚愕したB.T.Reo 440が、追い込みをかけ1週間足らずで完成。
“浅はかではなく 深く奥へ高く羽ばたく”
スピーディーだがインスタントではないヘビーサウンド、それが“KITAZAWA”!!

アーティスト情報

  • B.T.Reo 440

    東京西多摩出身。元祖家系クルー「嗚呼」のラッパーでありビート・メイカーとして活動。自身の活動に余力を残せる程度に様々なアーティスト(Bes, DDS, Raw-Tなど)に楽曲を提供する。そして、自らの楽曲を元にRolandのサンプラー「SP404」を使用したビートライブ・パフォーマンスも積極的に行う。2019年はアメリカのレーベル“beat cafe"からアルバムをリリース。さらに、人気アパレルブランド”JOURNAL STANDARD"の公式CMに楽曲を提供するなど、多岐にわたって活動。

    アーティストページへ

  • CHOUJI

    沖縄県石垣島出身 現在沖縄本島を拠点に活動中 rapper,beatmaker,producer,mix&masteringEngineer,C-TV(YouTube) studiOKItchin owner DGHstudio owner

    アーティストページへ

AZYLE ent

"