Black Jokeのジャケット写真

歌詞

不条理

モンドリウテバ

一度目が合った時には始まってたのさ

出会ったこと自体間違ってたのか

愛したってことか、慕ってただけか

走ったって届かん距離だってだけか

なあやっぱ先は未知数

俺らはこれからもここで生きる

恋に堕ちた君を俺が拾おう

俺は闇夜にビルをまたぐダークヒーロー

朝の淵までナビゲート

墓場まで持ってく夜を始めよう

流れてみれば痛くはない

共に落ちる地獄なら悪かない

火傷するようなキスで塞いだ傷

抱き合ってこそ孤独と相対する

夜には月 花には水

それがあの日君を抱いた理由

何か得るまで、

頑張ってまで欲しいものなんてあったっけ

確かめるように疑って

また裏切られひとり食らっちゃって

また塞いで感情に蓋したって

暮らしは全然変わんないね

考えるだけ無駄だって分かってたって

時間は重なってく

どんなに刺激的な夜だって

目覚めりゃ昨日とよく似たmorning

結露した粒は窓を伝って

まるで世界中泣いてる様に

どうにもならないことすら歌って

願う 見たこともないmorning

なんて勝手に思ってたって

変わらず迎え撃つ今日の不条理

ばあちゃんが父に言う「先に死ぬな」

笑えたら、楽 笑えたら 楽

覚悟なのか、諦めなのか

確かめる術はなく 少し泣く

出ない涙 心はどこだ

擦れた価値観 俺は誰だ?

眠れそうに無い夜

ホットミルクにザラメ溶けず残る

比べたらマシ? 違う物差し

喜怒哀楽が選べない街

人に見えない罪と罰抱えて

鎖と化すでも i dont give a damn

川の流れそれでも変わらず

こじつけの酒で答え探す

無いのは知ってる ジェンガの様

あり物で埋めて取るバランス

どんなに刺激的な夜だって

目覚めりゃ昨日とよく似たmorning

結露した粒は窓を伝って

まるで世界中泣いてる様に

どうにもならないことすら歌って

願う 見たこともないmorning

なんて勝手に思ってたって

変わらず迎え撃つ今日の不条理

出来なかったcome clean

コルトレーンのサックスに

溶かしたかったこと山ほどあるのに

沈んで浮かぶ月 理屈にふさぐ耳

正論だけじゃ救えない事実

リミットかかるオーダーを延ばす

その先で話す本当のことは

笑うだけなら神でも断る

今日は外じゃ雪が舞う

俺はまた常識ってやつに翻弄にされて

行動する前に理性が邪魔する

そのくせ俺自身を否定ばっかする

脳内に自己愛のひでえバカが住む

感情に蓋したって

暮らしは全然変わんないね

考えるだけ無駄だって

I know i know

重なる時間 fuck that

どんなに刺激的な夜だって

目覚めりゃ昨日とよく似たmorning

結露した粒は窓を伝って

まるで世界中泣いてる様に

どうにもならないことすら歌って

願う 見たこともないmorning

なんて勝手に思ってたって

変わらず迎え撃つ今日の不条理

  • 作曲

    toddy(185), GOiTO, JEFF THE BEATS

  • 作詞

    toddy(185), GOiTO

Black Jokeのジャケット写真

モンドリウテバ の“不条理”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

BOATのメンバーであり、New Oil Dealsのtoddy(185)、GOiTO、MADE IN HEPBURNのJeff The Beatsによるヒップホップユニット・モンドリウテバが、2nd EP『Black Joke』を4/27(水)にリリースした。

デビュー作となった1st EP「プロジェクトM」でも垣間見えた90~00年代ヒップホップへの独特なアプローチをサウンドと歌詞両面で引き継ぎいた秀作。拠点となる福岡の空気感を匂わせたトラックも心地良く、特にEPの最後を締め括る“FUTURE”は、次作への期待感を感じさせる最高な1曲。タイポグラフィは盟友のDOLOが担当している。

アーティスト情報

BOAT

"