Glass Ceiling (feat. SKYTOPIA)

  1. Glass Ceiling (feat. SKYTOPIA)

今回リリースとなった”Glass Ceiling(ガラスの天井)”は、Emi Satelliteが実際に感じてきた現代社会における、女性の生き辛さを共鳴し未来に向かって進んでいこうというエンパワーメント・ソングとなっています。
Beyonceやマドンナなど米国のディーバたちが歌うフェミニズム・アンセムに感銘を受けていたEmiが『82年生まれ、キム・ジヨン』(10/09日本で映画公開)の試写会をキッカケに、ジェンダーギャップの進んでいない東アジア(日本も含む)の女性の感覚に寄り添って書きました。Emiが学生時代~社会人生活を通して、さらに子育てを通して感じたことも詩のインスピレーションとなっています。
サウンドは、ロンドン出身の音楽プロデューサーのSKYTOPIA氏が担当し、Satellite Youngが追求してきたシンセウェーブと歌謡の要素を受け継ぎつつ、フューチャーベースとトラップ、ラップの要素を織り交ぜ現代風にアレンジしています。

Emi Satellite

1990年、東京生まれ。慶應義塾大学SFC 環境情報学部卒業。歌謡エレクトロユニット《Satellite Young》を主宰。歌唱・作詞作曲・コンセプトワーク・MVディレクションを担当しており、2017年には世界最大の音楽フェス「SXSW」に出演。Adobe「Premier Rush CC」のWEB CMに起用されている他、BS日テレ「SENSORS」では、2018年度MCアシスタントを担当。2020年より、草野絵美からEmi Satellite 名義に変更しソロでの音楽を活動開始。

アーティストページへ