桜色のジャケット写真

歌詞

笑顔の行方

林ももこ

自分を認められるのは

自分しかいないから

あなただけの歩幅で

笑って歩けばいい

誰に何を言われても僕の胸の中には

君がかけてくれてた

言葉のかけらがあるよ

何があっても大丈夫だよって

言いきってしまうまっすぐな瞳に

混じりけのない気持ちとその言葉に

僕は時々とまどってしまうんだ

たまには肩をかしてあげよう

重くなった荷物なら半分持つよ

こんなことくらいしかできないけど

僕はここにいるよ

自分を認められるのは

自分しかいないから

あなただけの歩幅で

笑って歩けばいい

誰に何を言われても僕の胸の中には

君がかけてくれてた

言葉のかけらがあるよ

辛い時いつだって電話をしてよ

思ってもなかなか言えないでいるね

中途半端な優しさが痛いこと

知っているからこそ

立ち止まってしまう

口にすることで消える痛みが

あるのならどんなに小さくてもいい

声にして欲しいよその気持ち

君は君でいてよ

自分を認められるのは

自分しかいないから

あなただけの歩幅で

笑って歩けばいい

誰に何を言われても僕の胸の中には

君がかけてくれてた

言葉のかけらがあるよ

言葉のかけらがあるよ

  • 作曲

    Momoko Hayashi

  • 作詞

    Momoko Hayashi

桜色のジャケット写真

林ももこ の“笑顔の行方”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

―本当に欲しいものなら、手放さなかった―

シンガーソングライター林ももこの2ndアルバム『桜色』。
ポップでキャッチーな元気ソングから生弦アレンジで収録したバラード『桜色』『雨』
星空をテーマにした『屑星』等、全7曲入りアルバムが配信リリース。

アーティスト情報

Broccolin-records

"