藍のジャケット写真

歌詞

徒花TOXiC

このまま消えていきそうな雨も

寄り添ってくれればいいのにな

指先に触れた幻は夏のように

そっと離れていく

君と初めて出会ったあの日に

もう一度戻れたら、なんて

報われない気持ち抱きしめたまま

どこに行けばいいの

君がくれた好きも、

君がくれたずっとも

僕の心をほら、縛りつけるんだよ。

このまま消えていきそうな雨も

泣き崩れそうになった夜も

無駄だったのかな、なんて思わない。

また会えるよね

魔法のように消え去った君の後ろ姿

それでもまだ探してる

指先に触れた幻は夏のように

そっと離れていく

君が残した言葉が今も

胸の中残ってる。なんで

微熱みたいな夏の魔法が

ふわり消えていく

降りしきる雨の中 呟いた一言

どうしてなの

君の心に傷ひとつもつけられず?

君からの幸せも、君からの苦しみも

捨ててしまえたら楽だっただろう

どんなに強い雨が来たって

例え催涙雨だったとしても

君がいればもう大丈夫なんだ

また会えるなら

魔法のように現れた君の後ろ姿

今でもまだ覚えてる

独り占めにしたい幻は夏のように

そっと始まっていく

  • 作曲

    タケノコ少年

  • 作詞

    永瀬たくと

藍のジャケット写真

徒花TOXiC の“藍”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

徒花TOXiC

  • ⚫︎

    徒花TOXiC

アーティスト情報

RINDO Entertainment

"