カンテレ「小夏日和」オリジナル・サウンドトラック

  1. Main Theme
  2. Distance Between
  3. Two Of Us
  4. Things Change
  5. I'm (Not) Here

カンテレ「小夏日和」オリジナル・サウンドトラック。
“ふるさとは、わたしの未来でした。“
ニューヨークフェスティバル金賞などを受賞した
8K/HDR作品「つくるということ」のカンテレ技術スタッフが再集結し制作されたショートフィルム「小夏日和」。美しい高知を舞台に描かれる、淡い夏色の小さな物語。
唐田えりか、濱田龍臣出演による、オール高知ロケ・ミニドラマ「小夏日和」、音楽を担当した小瀬村晶による、“日本の夏“特有の叙情性を瑞々しく切り取ったサウンドトラックが急遽、日本限定で配信されることになりました。高知の美しい情景と呼応するように丁寧に書き下ろされた、夏の終わりの為のサウンドトラック。

過去ランクイン

カンテレ「小夏日和」オリジナル・サウンドトラック

Apple Music • サウンドトラック トップアルバム • 日本 • 44位 • 2019年10月15日 iTunes Store • サウンドトラック トップアルバム • 日本 • 67位 • 2019年10月14日

小瀬村晶

1985年6月6日東京生まれ。在学中の2007年にソロ・アルバム「It’s On Everything」を豪レーベルより発表後、自身のレーベル「Schole Records」を設立。以降、ソロアルバムをコンスタントに発表しながら、映画やテレビドラマ、ゲーム、舞台、CM音楽の分野で活躍。主なスコア作品に、河瀨直美監督による長編映画「朝が来る」(カンヌ国際映画祭公式作品【CANNES 2020】選出)、ハリウッドで制作された海外ドラマ「Love Is__」、石田スイ全面プロデュースによる Nintendo Switch 用ゲームソフト「ジャックジャンヌ」、TBS系テレビドラマ「中学聖日記」、コンテンポラリーバレエ公演「MANON」、ミラノ万博・日本館展示作品などがあり、米Amazon オリジナル映画「ジョナス・ブラザーズ 復活への旅」や、フランス映画「Mais vous êtes fous(Losing It)」、東宝映画「思い、思われ、ふり、ふられ」でも楽曲が使用されている。近年は、国際的なブランドとのコラボレーションが多く、LA MER BLUE HEART や、LAND ROVER、L'OCCITANE への楽曲提供、米アーティスト Devendra Banhart との共作や、アパレルブランド TAKAHIROMIYASHITATheSoloist. のピッティ・イマージネ・ウォモでのランウェイでの使用など、特定の枠に収まらない独自の活動を展開。また、Spotify が発表する「海外で最も再生された日本人アーティスト/楽曲 Top10」に2017年、2018年連続でランクインしたほか、米国メディア「Pitchfork」、豪州新聞紙「THE AGE」、フランス公共放送「FIP」、カナダ公共放送「Ici Musique」にてその才能を賞賛されるなど、国内外から注目される作曲家。

アーティストページへ

Schole Records