春の風にのせてのジャケット写真

歌詞

ミモザの花

Asumi, kajii

おだやかな光がこぼれて

テーブルでおどってる

赤い自転車に花をつんで

君の顔がうかんだ

“ ほんとう ” が見えないから

確かなものこの目で見たくなるの

野をこえて 草むらぬけて

君のもとへ 君のもとへ

昔みた懐かしい写真の

景色が今 やさしく揺れた

黄色い香りが揺れてる

水玉の中をゆく

いたずらに笑ってる君に

花飾りが似合ってた

傷つくのは君のことより

わたしを大事にした時だから

野をこえて 草むらぬけて

君の町へ 君の町へ

昔みた懐かしい写真の

景色が今 あざやかに揺れた

君のそばに しあわせ色

いつでも溢れていてほしいから

野をこえて 草むらぬけて

君のもとへ 君のもとへ

昔みた懐かしい写真の

景色に今 春をつれて

  • 作曲

    クマーマ

  • 作詞

    Asumi

春の風にのせてのジャケット写真

Asumi, kajii の“ミモザの花”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

シンガーソングライターAsumiと、日用品演奏ユニットkajiiによるコラボアルバムです。

アーティスト情報

  • Asumi

    愛知県出身シンガーソングライター。 2008年 名古屋ZIP-FM にて初めて作詞・作曲した「手紙」がグランプリを受賞。 演劇劇中歌を歌ったり、TVCMを作詞・作曲・歌唱することもあります。 現在では1年間の養蜂経験を通じて、ミツバチや自然の大切さを歌う楽曲も製作。 2018年公開映画「みつばちと地球とわたし」の主題歌にオリジナル曲 “ あお ” が選ばれる。 また2019年2月よしもとばなな原作映画「デッドエンドの思い出」のエンディング曲を歌っている。 最近では神社での奉納演奏を頼まれることも多く、島根県・出雲大社、奈良県・等彌神社(とみじんじゃ)、広島県・とうかさん圓隆寺(えんりゅうじ)など、全国ご縁のある場所で活動中。

    アーティストページへ


    Asumiの他のリリース
  • kajii

    クマーマと創(そう)のユニット。 「音楽と楽器をもっと身近に」という願いから、 130種類以上の日用品楽器を創り出し音楽を奏でる。 名古屋を拠点に全国各地でコンサート、ワークショップ、特別授業を行っている。 茶碗、どんぶり、湯呑みなどを並べたオリジナル楽器「食琴(dishphone)」をメインに、 タライ、空き缶、ペットボトル、お菓子の空き箱などから飛び出す音楽が絶賛され、 40を超えるテレビ番組に出演。 ちなみにメンバーの二人とも、パパである。

    アーティストページへ


    kajiiの他のリリース
"