トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

ベースの星野李奈がグル女のために書き下ろしたオリジナリティ溢れる楽曲。
FOXYは魅力的でセクシーな女という意味のスラングなのですが、TOKYO GROOVE JYOSHIが TOKYOを飛び出し海外でも存在感を示せる様になれという気持ちも込めて作ったナンバーです。ベースとドラムのグルーヴ、怪しさを感じさせるブラスとシンセが聴きどころです。星野李奈

アーティスト情報

  • TOKYO GROOVE JYOSHI

    東京発! ジャズファンク・ガールズバンド、 TOKYO GROOVE JYOSHI (トーキョー・グルーヴ・ジョシ、通称:グル女) 確かなテクニックと骨太サウンド。女性3ピース・バンドが繰り出す強烈なグルーヴ。 2018年9月、金指恵美(Key/Vo)、芹田珠奈(Bass/Vo)、関優梨子(Dr/Vo)のセッションミュージシャン3人で結成。 オリジナル曲、70年代〜80年代のジャズ、ファンク、R&B、ロックなどジャンルを問わずグルーヴする楽曲を演奏するライブバンド。年間50本以上のライブをライブハウスやフェスを中心に行う。2019年に初ミニアルバムをリリース。 海外からの評価も高く、2020年2月ニューヨークライブハウスツアーを成功させた。 2020年10月より星野李奈(Bass)、MiMi(Dr.Vo)が新加入し新グル女がスタート。 11月に初のオリジナル曲によるEPをリリース。 TOKYO GROOVE JYOSHI のプロデューサーは1987年から6年間そして2011年から2年間、NYに駐在しました。 特に80年代は音楽がジャンルを超えて最もクリエイティブだった時代。 その時体感した新人からレジェンドまで大小500あまりのライブ。知らず知らずのうちにGroove Music の虜になりました。 そんなgroove music を伝えるライブバンドを若いミュージシャンと創りたい!という思いで、ライブハウスやYouTubeでミュージシャンのリサーチを行い、セレクトしてTOKYO GROOVE JYOSHI をプロデュースしました。 「音楽には二種類しかない。よい音楽とそれ以外だ。There are simply two kinds of music, good music and the other kind.」と巨匠音楽家のデュークエリントン。良い音楽(groove music)を多くの人に広めたい! そんな思いでオリジナル曲や70年代、80年代のJAZZ、R&B/SOUL、POP/J-Pop、ROCKとジャンルを問わず楽曲を選び、ソリスト(ボーカル、ギター、管楽器など)とのコラボライブやサポートも行っています。人種・世代・性別を超えてGROOVE SOUNDをお届けするライブバンドをめざしています。

    アーティストページへ

Happeace Records