トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

東京で活動する4 人組クリエイティヴチーム “Dortmund Moon Sliders”の6th シングル。

バンドの活動開始時から演奏している楽曲で、当時PETAS がルームシェアをしている頃にルームメイトとギターを弾きながら出来上がった楽曲。歌詞も当時ルームシェアをしていた東京都江東区の門前仲町を舞台となっている。

ノスタルジーと秋を感じるサウンドに仕上がっている。
今作のレコーディングでは、各々がリモートで収録するスタイルは継続しつつ、ゲストピアニストとして、都内を中心にDJ として活躍するNON に演奏を依頼。スタインウェイの生ピアノで録音をし、豊潤なサウンドに仕上がっている。

今作も全曲を通して、楽曲の制作・レコーディング・ミックス・マスタリングなど、全ての工程をメンバーの手で行っている。

(ソングライター PETASのコメント)
今回の楽曲はDMS というプロジェクトを始めるきっかけとなった楽曲です。「音楽って素晴らしいものだ」 そんなシンプルなメッセージを発しつつ、共に音楽を楽しむ人の輪を少しずつ大きくしていこう、それを具現化しているのが、まさしくこのDelio です。

ゆえに楽曲の内容はとてもパーソナルかつローカルでありながら、友情という普遍的なテーマを取り上げています。
デジタルなサウンドではなく、温かみのあるアコースティックサウンドにすることで人と人の輪の温かさを表現できているのではないかと思います。

なのでピアノはもちろん、全ての楽器は生の音をじっくりと録りました。おかげで完成予定がものすごく遅れました。でもこだわらなければいけなかったのです。
是非、楽しんで聴いて頂けると嬉しいです。

過去ランキング

Delio

iTunes Store • フォーク トップソング • 日本 • 8位 • 2021年3月2日 Apple Music • フォーク トップソング • 台湾 • 102位 • 2021年5月30日 Apple Music • フォーク トップソング • インドネシア • 158位 • 2021年6月6日 Apple Music • フォーク トップソング • 日本 • 194位 • 2021年2月5日

アーティスト情報

  • Dortmund Moon Sliders

    東京発4人組クリエイティヴチーム。 楽曲制作・映像制作・アートディレクションなど、バンドに関わる部分をメンバー自らが行い、完全なる「Do It Yourself」であることをテーマに2019年5月に活動を開始。メンバー全員が一般企業に勤務をしながら、音楽活動を行っている。 バンド名の由来はPETASが、FUJI ROCK FESTIVALにてTravis のライブを見て感銘を受け「バンドをやろう!」と思い立ち、その場で降りてきた名称である。なぜこの名前が出てきたのかは分からないが「フジロックという憧れの場所で思いついた名前を大事にしよう」と採用された。 その楽曲は「誰もが口ずさめるメロディー」を軸にシティーポップ、ギターロック、カントリー、ブリットポップと洋邦問わず様々なジャンルの音楽を横断し、自分たちの解釈にて楽曲に反映。楽曲制作は全てセルフプロデュースにて行い、録音やミックスも自らメンバーが手がけている。 結成から精力的にリリースを行い、2021年2月3日には6thシングル「Night Walk」をリリース。 Spotifyの「New Music Wednesday」「RADER:Early Noise」「Edge!」といった主要プレイリストを始め、Apple MusicやAWAの主要プレイリストにもピックアップ。地上波の音楽番組でも取り上げられ「キャッチーなメロディーに仕掛けがある」「生音にこだわる多彩な表現力」と音楽評論家からも絶賛を受けた。同曲のミュージックビデオには俳優の井桁弘恵が出演し、映像のクオリティーの高さも話題となった。 ミュージックビデオは全てPETASが演出・プロデュース・編集を自ら手掛け、制作。YouTubeに投稿した5本のミュージックビデオの総再生回数は約20万回を超えており、日本国内だけに留まらず、海外リスナーからも高い評価を得ている。 2022年5月11日には新曲4曲を含むキャリア初のフルアルバム「Life Is Beautiful」をリリース。デジタルリリースにて既にリリースされていた楽曲も全曲リミックス、リマスタリングされ収録された。 2022年にネクストブレイクが期待される注目のアーティスト。

    アーティストページへ


    Dortmund Moon Slidersの他のリリース

405 PRODUCTION