DROP

  1. コースのないレース
  2. シロップ
  3. 時を駆ける少女

the hills

結成当初はPIXIES, At the drive in等オルタナティブロックからの影響を強く感じさせたが、 「何をやってもヒルズになる」という事に気付いてからは、ポストパンク/ニューウェーブ、AOR、 ファンク等様々な音楽を吸収し、独自のポップネスを効かせた楽曲が最大の強みになっている。 ライブではバラエティーに富んだトラック達が、時にエッジーに突き放すように、ある時には センチメンタルに自虐的に、またある時にはグルーブがフロアを揺らす為に鳴らされる。 そのスタイルは、迷ったり悲しんだりその瞬間を楽しむことに忙しい現代を生きる若者の姿そのままである。

アーティストページへ

EVOL RECORDS / MOONSHINE Inc.