キミとブルーのジャケット写真

歌詞

キミとブルー

Lisa Halim

電車の窓のブラインドを下ろす

開けた缶ビールをひと口

夢とリアルの狭間を泳ぐ

見下ろす高層ビルにさよなら

トンネル抜ければ魔女が飛ぶ空

会いに…会いに行くわ

そこで待ってて

空と海に挟まれて

ただ浮かんでいたい

焼けた肩にキスをして

ただ 君に触れていたい

青に溶けていくように

揺れるヤシの木を通り過ぎる

警笛が私の涙を誘う

会いに…会いに行くわ

そこで待ってて

「さみしかった」

言わないで想う 似たもの同士

砂のついた君の頬

ただ見惚れていた

空と海に挟まれて

ただ浮かんでいたい

焼けた肩にキスをして

ただ 抱かれていたいの Ah~

青に溶けていく 君と

  • 作曲

    クニモンド瀧口

  • 作詞

    Lisa Halim

キミとブルーのジャケット写真

Lisa Halim の“キミとブルー”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    キミとブルー

    Lisa Halim

  • 2

    キミとブルー (Instrumental)

    Lisa Halim

Lisa Halim、6ヶ月連続配信シングルリリース!第一弾は、シティ・ポップの扉を開けた新しいLisa Halimのサマーソング『キミとブルー』

現行シティ・ポップ・シーンのキーパーソン、クニモンド瀧口をプロデューサーに迎え、『Lisa Halim的解釈』のシティ・ポップ調サマーソング『キミとブルー』。現在のシティ・ポップ隆盛の礎を築いてきたクニモンド瀧口が、Lisa Halimの新しい側面を引き出し、シティ・ポップな新しいLisa Halimを魅せる。作曲はクニモンド瀧口、作詞はLisa Halimという初コラボレーションが実現。

都会を抜け出し、青い海と空を求めて、キミのいる海へと向かう。シティ・ポップのキーワードである「都会」そして「リゾート」をテーマに、海へと向かう景色の移り変わりとともに、会いたいキミを思う気持ちを綴った歌詞と、軽快なギターとオルガンのメロディがシティ・ポップ的高揚感を醸し出す。

レコーディングメンバーはクニモンド瀧口のオウン・ユニット流線形のメンバー。シティ・ポップ再評価の源流である流線形によるバンド演奏がシティ・ポップ特有の華やかさを感じさせてくれる。

過去ランキング

キミとブルー

iTunes Store • J-Pop トップソング • タイ • 14位 • 2023年11月16日 Apple Music • J-Pop トップソング • トルコ • 137位 • 2021年7月12日

過去プレイリストイン

キミとブルー

Spotify • 半身浴ノススメ • 2022年4月2日 Apple Music • GOOD SUMMER GOOD MUSIC • 2021年8月25日 Spotify • City Pop: シティ・ポップの今 • 2021年6月18日 Spotify • Women's Voice • 2021年6月18日 Apple Music • 78 musi-curate TuneCore Japan zone • 2021年6月29日 Spotify • Next Up • 2021年6月22日 Spotify • New Music Friday Japan • 2021年6月18日 Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2021年6月19日 Spotify • New Music J-Pop • 2021年6月18日

アーティスト情報

INSENSE MUSIC WORKS INC.

"