DANCE AT DUSKのジャケット写真

歌詞

TRANSCEND THE BOUNDS

滋野 誠

落ちる雨を 頬で感じ 目を瞑れば

地に滲んでく 鼓動の音

聞こえてくる

描いた自分に

近づく事が出来たなら

Veil を纏い直して今の心

抱いて To more ahead

Awakening まだ知らない自分

いるなら走れ

Transcend the Bounds

最後に瞳 閉じる その時まで

羽ばたけるなら飛べ

Just one more time

褪せた過去を パズルのように

繫げても

変わってゆく 影を煽ぎ

又呼吸する

求めた感覚

追い抜く事が出来ないなら

Velvet で包み直して明日の傷

抱いて To more ahead

Awakening 今までの自分

壊して唄え

Transcend the Bounds

輝いた朝 映った時には

見上げながら飛べ

Just one more time

Awakening 生きてゆく意味を

知るまで探せ

Transcend the Bounds

光った空 見つけた時には

そこまで飛べ

Awakening まだ知らない自分

いるなら走れ

Transcend the Bounds

最後に瞳 閉じる その時まで

羽ばたけるなら飛べ

Just one more time

  • 作曲

    滋野 誠

  • 作詞

    滋野 誠

DANCE AT DUSKのジャケット写真

滋野 誠 の“TRANSCEND THE BOUNDS”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

滋野 誠 NEW MAXI SINGLE !! からの選曲。 【 DANCE AT DUSK 】〜 黄昏と踊れ 〜 思い返してみれば、まあまあやる事はやってきたかな…という感想。 シルバー色が混じった髪、目尻のシワは歳を重ねた証。 いいじゃないか。あの頃のように踊ろうじゃないか。 夕日を浴びながら自分に言ってみる。 何を言われてもいいさ。思い通りに行かなくても自分に正直にいたいだけ。 笑い飛ばして誤魔化してしまおう。口では上手く言えないけれど、まだまだ伝えたい事があるんだ。 もう少し、行ける所まで行ってみよう。滋野 誠 2019.04.25ブログより

アーティスト情報

  • 滋野 誠

    滋野 誠 京都在住 Vocalist 。 1996年、W-FELD RECORD(日本クラウン)より『 REPLAYS 』Vocalとしてメジャーデビュー。 1998年からソロで活動、2000年から地元京都を中心にLIVEを行う。 メロディアスな【 唄 】と鋭く時には優美な【 performance 】 はきっと心に残る事でしょう。 最近では、保育園・児童館のイベント等にも招かれ、児童達の前で唄い活動の幅を広げている。

    アーティストページへ


    滋野 誠の他のリリース

コロムビア カスタム

"