VIOLIN-OTO-MANDARA

  1. Zen
  2. Dawn light
  3. Grace
  4. the origin
  5. Serenity

日本の精神性である「禅」や「和」の宇宙観、「美」をヴァイオリンのみで表現した音の芸術。

一定のものに捉われない幻想的なサウンドは、曼荼羅のように幾重にも重なる空間を創っていきます。

静寂の世界、存在の源へ。

アンビエントミュージックとしてもお楽しみください。

Misao Hosoya

細谷美佐緒 Misao Hosoya (MISAO) ヴァイオリニスト 神奈川県出身。 国立音楽大学器楽学科首席卒業。 同時に武岡賞受賞。 第8回日本クラシック音楽コンクール第3位受賞。 1996年アジア各国から選ばれたメンバーによるアジアユースオーケストラ参加。フランス・シャトーシャンにてW・グラドフ氏に師事。 これまでクラシックのみならず、サラ・ブライトマンなど国内外の多数のアーティストのコンサートツアー、レコーディング、テレビ収録などで演奏。 演奏参加作品 映画「祈り~サムシンググレートとの対話~」監督:白鳥哲 音楽:高橋全 奈良県天河神社の夏季大祭や秋期大祭、熊本県弊立神宮の五色神祭にて音霊奉納奏者に選ばれるなど活躍は多岐に渡る。 2013年「君が代」やオリジナル曲を含む初のソロアルバム「The MISAOIZM」 2016年2ndアルバム「Voltex~内なる平和~」 2019年3rdアルバム「violin-oto-mandara」 をリリース。

Artist page