トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

約1年半ぶりとなるシングル”遥飛”は、DAACKYの生まれ変わりとなる一曲になっている。
この曲では、大人になっていくにつれ知っていく常識や、人それぞれの価値観から生まれるプライドなどから「自分らしさ」を見失ってしまい「ありのまま」になれなくなってしまう、そのもどかしさから抜け出し、ありのままの自分らしさで「遥かに遠くへと飛行して進んでいく」というメッセージをストレートに込めた曲。

アーティスト情報

  • DAACKY

    DAACKY(ダーキー) 2002年生まれ、山口出身。東京拠点。 アーティスト名義である「DAACKY」は、日常生活を過ごす中で「面倒くさいな」「仕事や学校行きたくないな」そんな憂鬱な日々の始まりを感じている人々を救済してあげられるようなメンタルヘルスな音楽と作品のクリエイトをしたいという想いを込めて、英語スラングで「だるい、面倒」を意味する「Darky」と本名と掛け合わせた所から由来している。 ブラックミュージックに傾倒しつつ、J-POPやAlternative、R&B/Soulなどジャンルレスに音楽との高い親和性を保有しており、セルフプロデュースでサウンドプロデュースやトラックメイクなどを手掛け、”見る音楽”として自身が手掛ける歌詞では、喜怒哀楽を全て同居させたようなライティングを自身のフィルターを通して拘りが詰め込まれている。 BTSやNovel Core、EXILEなどのライブサポートダンサーをはじめ、日本のメジャーアーティストへの振り付け提供するなどダンサーやコレオグラファーとしてのキャリアを保有しておりながら、2020-2021の一年間のポップアップ期間で福岡を拠点に活動していたクリエイティブ・ダンスクルー「CRAZY BUT」では映像クリエイター兼ディレクターとしても大いに活躍。CHOREO VIDEOなどの作品を年間で30本以上世に送り出した。 その他にも、アパレルプロデューサーとして自身のアパレルブランド「ASOBO」にてオーナーを務める既存の肩書きでは表せないジャンルレス且つ唯一無二のアーティスト、クリエイター像として活動の幅を広げている。

    アーティストページへ

DAACKY - Daiki Ikeda