トラックリスト

  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

“手にはとれなくて でも、だから、嬉しいの 永遠さえ ここにあるの このキモチ こんなにも嬉しいの”  人を好きになる気持ちはどこから生まれるんだろう…?心の在り処はどこなんだろう…?胸いっぱいに抱きしめているこのキモチは、確かにここにあって、今にも溢れそうなのに…。「誰かを好きになり、心奪われてしまうと、それまで見ていた世界が大きく揺らいでしまう。それでもその心に芽生えたキモチは、いつしか切なさを超え、大きな喜びへと変わるはず。」とシンガーソングライター大津美紀は語る。恋する人の繊細な感情を真っ直ぐに描き出した本作品。ヒラセドユウキによる爽やかでシンフォニックなアレンジ、そして、20声を超える歌声が幾重にも重ねられたあたたかなサウンドは、恋に悩む人たちの心を優しく包み込んでくれるだろう。CDジャケットを手がけたのはイラストレーターのタナベサオリ。ブルーの色の重なりによって、楽曲全体から感じる透明性や純粋性が表現された。

<参加ミュージシャン>
Violin:須原杏
Cello:林田順平
Arrangement&Programming:ヒラセドユウキ
Mixing&Matering:向啓介

アーティスト情報

  • 大津美紀

    千葉県出身シンガーソングライター  1997年に、あるデモテープがきっかけとなり「JR東海-詩仙堂-」のCMボーカリストとしてデビュー。これは海外でも高い評価を受け、「International Broadcasting Award」でファイナリストを受賞。その後も存在感のある歌声と類い稀なソングライティング力を買われ、40本以上のCM作品をはじめ、作詞家、作曲家、またシンガーとして、「僕等がいた」「さよなら絶望先生」「極上生徒会」など、数多くのアーティスト、アニメーション、ゲーム作品に楽曲を提供する。  2001年L.A.のミュージシャンら参加による「手のひらからこぼれる雨」「空に還そう」をリリース。そこにはアートディレクター阿部行夫によるジャケットが描き下ろされ、また、同時期に同氏が挿絵を手がけた詩集も発表された。  2006年には、人気コミック「僕等がいた」のTVアニメーション用挿入歌として「星を数えるよりも」を書き下ろし、海外のメディアでも注目を浴びる。2008年、デビューしてから長年親交があり2004年に亡くなった岡崎律子の全曲楽譜集の出版を監修。JASRAC管理下の全315曲を収録し、海外在住のファンからも大きな反響を生んだ。  その他、イラストレータータナベサオリやよしだまさひこなど様々なアーティストとのコラボレーション作品制作、ライブパフォーマンスなど、精力的に活動を続けている。  あたたかくも力強いメッセージを含んだ透明感のある歌声と、人の心の繊細さを見事に描き出した歌詞の世界、そしていつまでも耳に残るメロディーは、年代、性別を超え、多くの人の心を揺さぶり続けている。

    アーティストページへ


    大津美紀の他のリリース

Kitty Eye Records