トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

日本中を騒がせた“あの事件”から時を経て、、、2020年、UZI完全復活!!!
復帰第一発目、渾身の作品となる今作は世界の“h”ことdj hondaとのタッグで放つ、その名も”NEVER DIE”。不死身の男が再始動!

過去ランキング

NEVER DIE

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 14位 • 2020年1月7日

アーティスト情報

  • UZI

    96年、アンダーグラウンド・ヒップホップの名コンピレーションアルバム『悪名』の第二弾『続・悪名』に"マグマ沸騰 feat. ZEEBRA"で参加しデビュー。UBG結成からのメンバーとして活躍する、強烈な破壊力のあるラップとパンチ力で圧倒的な存在感を見せるMC。九州は宗像の武士の末裔(自身は東京出身)として侍魂を持つオリジナルなリリック観と、深く練り込み、かつ選び抜かれた言葉が突き刺さるラップは、一度聴いたら脳裏に焼きつく程の主張が込められている。また、得意のフリースタイルとその印象深いキャラクターで、リスナー、アーティストを問わず愛されており、シーンに欠かすことの出来ない起爆剤となっている。02年には、新日本プロレスのファイティング・テーマにも起用されたシングル"Knock Out feat. ZEEBRA"を経て、同時期にキングギトラのアルバム参加や薗田賢次監督・窪塚洋介主演の話題の映画「凶気の桜」のサントラにも参加するなど、精力的に活動を展開。02年12月にリリースされた1stアルバム『言霊』で完全にその世界観&キャラクターを開花させた。03年に入り、数々の客演を経て9月に『HIPHOP演歌』という新境地を開拓したシングル『ひとり酒』をドロップ。04年に入ってからも積極的に客演を重ねつつ、課外活動としてG.K.MARYANとの格闘HIP HOPユニット:城南ウォーリアーズとしてのアルバムもリリース。そして11月には"同名異曲"というコンセプトで話題をさらった、AIとのコラボレーション曲『HOT SPOT』を収録した2ndアルバム『NO.9』をリリース。05年は自らリングアナを務めるK-1 WORLD MAXにて念願のライブを敢行。そして「e-sports」(インターネット・対戦ゲームをスポーツと見立てた総称)を推進している会社 「PSYMIN(サイミン)」とプロ契約し、サッカー・ゲーム「ウイニング・イレブン」の大会にプロゲーマーとして参加するなど各方面で活躍。06年に入り、6月にシングル『打つべし~明日のために~』で「あしたのジョー」の主題歌をサンプリングし、ちばてつや先生がジャケットを書き下ろすという"離れ業"を成し遂げた。そして8月にはデビュー10周年記念作品となる3rdアルバム『美髯公』をリリース。08年3月には、KIX ENTERTAINMENTより4thアルバム『Natural 9』をリリース。2014年12月、5th ALBUM『フジヤマ』をリリース、ベテランの逆襲を高らかに宣言! 2015年 テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」の進行を務めバラエティに富んだ活躍をみせる。 そして2020年また動き出す!

    アーティストページへ


    UZIの他のリリース

MASTER OG