ライ麦畑で抱き締めて のジャケット写真

ライ麦畑で抱き締めて

-

徒花プロジェクト

ライ麦畑で抱き締めて

  1. 白猫にゃーにゃー
  2. ギフト
  3. ライ麦畑で抱き締めて
  4. 地獄のアリス
  5. 甘い罠
  6. 静かに暮らしたい

“愛と平和のキャバレーバンド”をキャッチコピーに、歌謡曲、ジャズ、ファンク、ラテン、ジプシー、シャンソンの要素を取り入れた独自のポップスを演奏するバンド、徒花プロジェクトのミニ・アルバム。

「スウィングロック」をコンセプトに制作されたこの作品にはライブでの人気曲を多数収録。
キャッチーなサウンドとメランコリックな歌詞、口ずさみたくなるようなポップなメロディが魅力。

2018年、CDジャーナル4月号に「ライ麦畑で抱き締めて」のレビューが掲載。
リード曲「ライ麦畑で抱き締めて」が有線放送や全国のFM局にてパワープレイ。

徒花プロジェクト

2011年、ボーカル及川ドラムス白倉を中心に結成。 「愛と平和のキャバレーバンド」をキャッチコピーとし、歌謡曲、ジャズ、ファンク、ラテン、ジプシー、シャンソンの要素を取り入れた独自のポップスを演奏する。 東京・浅草を中心にライブ活動を続け、これまでにTHE TRAVELLERS、ピストルバルブ、乙三、たをやめオルケスタ、飯島誓(勝手にしやがれ)、奇妙礼太郎、カルメラ等、有名アーティストと対バンライブを経験してきた。 下北沢音楽祭、すみだジャズフェスティバル、吾妻橋フェスト、渋谷ズンチャカ!、栃木黒磯ジャズフェスティバル、練馬ジャズフェスティバル、ベイサイドジャズ千葉、四日市ジャズフェスティバル、はままつやらまいかミュージックフェスティバル、ふなばしミュージックフェスティバル、高円寺ストリートパフォーマンス、デザフェスに出演。

アーティストページへ

徒花レコード