トラックリスト

  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

AOTL監修のプレイリストアルバム"X-FACTOR 2"(Deluxe)がリリース!
所属アーティストであるGOODMOODGOKU, Yo-Sea, 3House, HIYADAMを中心に、KANDYTOWNからIO, Gottz, MUD、SCARSからBES、若手注目株Sound's Deli, Kohjiyaをはじめ、Jin Dogg, MonyHorse, Hideyoshi, Tyson, Shurkn Pap, C.O.S.A, Zeus, MELRAW, Kuro(TAMTAM)らが参加し、ビートメイカーにI-DeA, GRADIS NICE, NGONG, SIBAを迎えた全16曲。

現在プレイリストイン

Low Life

Apple Music • ヒップホップ ジャパン Apple Music • BLACK FILE

Clarity

Apple Music • ヒップホップ ジャパン

TOKYO DA$H!!!

Apple Music • BLACK FILE

Rain Drop

Apple Music • イツマデモフレッシュ by Coming Freshers

過去ランキング

X-FACTOR 2

Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 日本 • 3位 • 2022年1月27日 iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップアルバム • 日本 • 11位 • 2022年1月26日 Apple Music • 総合 トップアルバム • 日本 • 36位 • 2022年1月27日

Clarity

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 85位 • 2022年1月29日

Pitch Black

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 18位 • 2022年1月28日

Sonomama

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • イタリア • 43位 • 2022年3月25日

過去プレイリストイン

Low Life

Spotify • J-Pop 新幹線 • 2022年1月28日 Spotify • New Music Wednesday • 2022年1月26日 Apple Music • CUT Tokyo • 2022年1月26日

Clarity

Apple Music • HIP HOP DNA NOW • 2022年1月29日

Pitch Black

Spotify • EYESCREAM • 2022年2月5日 Spotify • FNMNL • 2022年1月27日

TOKYO DA$H!!!

Spotify • +81 Connect:J-Hiphopの「今」と「その先」 • 2022年1月26日 Spotify • FNMNL • 2022年2月3日 Apple Music • CUT Tokyo • 2022年1月26日

Moon

Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2022年1月30日

Rain Drop

Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2022年1月30日

アーティスト情報

  • Various Artists

    AOTLは2018年6月に設立された国際的なエンターテインメント・エージェント/音楽レーベルであり、アーティストマネージメント、プロダクション、企業広告、コンサルタントを東京を拠点に行っています。 2020年4月に設立したベトナムに本拠地を置くエンターテインメント・エージェント会社、M.A.U Collectiveにも4人のパートナーと共に創設者、経営者として参加しており、東南アジア、東アジアを股に掛け数々のプロジェクトを手掛けている。 私たちは、アジアの若きアーティストの可能性に刺激を受け、その彼らの才能を世界規模で増幅させることを目指しています。

    アーティストページへ

AOTL