ALWAYS FRESHのジャケット写真

歌詞

HYPE

仮谷せいら

朝の光眩しそうな顔で

未来を見つめているscene yeah

置き去りになったままの思いが

燻り続けるよ

自分勝手に生きて(oh〜)

見失った方角

揺れ動くmy life

時代は激しく(oh〜)

何処か遠くに消えて

後悔したくないくせに

溢れ出す想い

けどわかってる わかってる わかってる

後戻りの無いstory

いつもより酷い痛み

辛いでもわかってる わかってる わかってる

(What to do” “What to do” わかってる)

きっとこんな苦しみもこんな悲しみも

無くてはならないもの

そうさ生き急いだ街も

乗り過ごした駅も

今へと繋がる

ずっと思い描いていた

理想の自分は

こんな筈じゃ無いよ

もっとやれる事だって無理しなくたって

良いよ

後悔したくないくせに

溢れ出す想い

けどわかってる わかってる わかってる

後戻りの無いstory

いつもより酷い痛み

辛いでもわかってる わかってる わかってる

そして今夜

深海を潜って

街中を探して

こんな自分にだって

(what you do)

ふと立ち止まって

ぼんやり眺めて

夜明けを見たくて

(what you do)

  • 作曲

    hasama

  • 作詞

    葉上誠次郎, hasama

ALWAYS FRESHのジャケット写真

仮谷せいら の“HYPE”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

2015年6月17日に現在所属しているレーベルPUMP!よりデビューして以降、これまで4枚のEPをリリースし精力的に活動してきた仮谷せいら。そんな彼女がデビューから7年経った今、満を持してリリースする自身初のフルアルバム『ALWAYS FRESH』は、これまでの仮谷せいらの集大成でありながらも、
アルバムタイトルの通り“いつも新しい自分でありたい”という想いが詰まった今の仮谷せいらだからこそ歌える楽曲が揃った渾身の仕上がりになっている。
既に配信シングルとしてリリースされ、LIVEでも好評を得ている「Odora Never Cry」「ZAWA MAKE IT」「HOME」「ONE S’MORE」を始め、仮谷せいらのボーカルの確かな進化と成熟を感じられる新曲が5曲、そしてゲストボーカルで参加した「水星(feat.仮谷せいら)-Young& Fresh mix」も好評を得てる、クラブシーンの大アンセムことtofubeats「水星(feat.オトマトぺ大臣)」のカヴァーも収録し、まさしくキャリアを総括しながらも、新しい仮谷せいらのスタイルを提示した全11曲を収録。

アーティスト情報

  • 仮谷せいら

    1993年6月16日生まれ。シンガー/シンガーソングライター。tofubeats氏の楽曲「SO WHAT!?」でのフィーチャリング、「水星feat.オノマトペ大臣」ではPV主演を務めたほか、他ア ーティストへの歌詞提供、CM楽曲での歌唱など独自の活動がネット・クラブシーンを中心に注目を集めている。地元大阪を経て現在は拠点を都内に移し活動中。これまでに2015年「Nobi Nobi No Style」「Nayameru Gendai Girl」、2016年「Colorful World」、2019年「Cover Girl」と4枚のEP作品をリリースしている。Abema TV"Popteenカバーガール戦争"シーズン1、2で楽曲”Colorful World” ”Cover Girl”が主題歌に使用されたことをきっかけに、Popteenモデル、中高生を中心に拡まり、続く2019年10月からの同番組シーズン3でも新曲”Odora Never Cry” が主題歌として使用されている。日本マクドナルドTVCM「マックシェイク×マウントレーニア」カフェラッテ味「限定コラボでリフレッチュー!!」篇に歌い手として起用され話題を呼んだ。

    アーティストページへ


    仮谷せいらの他のリリース

PUMP!

"