fostermusic Best Collection 7 - Tears of PRINCESS JOURURI Front Cover

fostermusic Best Collection 7 - Tears of PRINCESS JOURURI

-

Toke CIvic Wind Orchestra

fostermusic Best Collection 7 - Tears of PRINCESS JOURURI

  1. Wisdom of Alexandria
  2. Blue is A Far Way Color
  3. HOTARU-NO-HIKARI
  4. The Leaves and Sunshine
  5. L'Être et le néant - Essai d'ontologie phénoménologique - (Jean-Paul Charles Aymard Sartre)
  6. Blue energy
  7. The Road to a Bright Future
  8. Tears of PRINCESS JORURI
  9. The Sleeping Beauty - Introduction, La Fée des lilas
  10. The Sleeping Beauty - La fée-Argent
  11. The Sleeping Beauty - Valse
  12. The Sleeping Beauty - Canari
  13. The Sleeping Beauty - Adagio
  14. Off To Hear The Birds Singing

タイトルの「想い麗し浄瑠璃姫の雫」は、愛しい義経を遠く津軽まで追い続けた浄瑠璃姫の深い愛と壮大な義経北行伝説を描いた樽屋雅徳の書き下ろし作品。

また、広瀬勇人「こもれびの坂」も今作のために書かれました。題名の情景が目に浮かぶ温かくさわやかな作品で、なんと8人から演奏可能です。ほかにも小編成作品が充実。福島弘和「青は遠い色」「希望へ続く道」はいずれも10人台で演奏できます。

自由曲の選曲に役立つ9作品に、今年で4作目となる東北復興祈念委嘱作品をボーナストラックに加えたシリーズ第7弾。

このアルバムから是非あなたのベストを見つけてください。

Toke Civic Wind Orchestra

1988年に「音楽を楽しもう!」を合言葉に、数名の有志によって千葉市土気町を拠点に創設。1994年には加養浩幸氏を音楽監督兼常任指揮者に迎え、以後、毎年の定期演奏会をはじめ、より幅広いお客さまへ向けたファミリーコンサート、アンサンブル演奏会、課題曲講習会等のモデルバンド、慰問演奏、音楽教室、地域行事、吹奏楽コンクール(全国大会へ10回連続出場、8回金賞受賞)など、意欲的な演奏活動を行う。また、全国各地からの依頼に応えて、これまでに北海道、横浜、山梨、香川、高知、金澤、松本、高崎、浜松、掛川への演奏旅行を行い、各地で好評を博す。 CDの製作については、メンバーにとっての記念であると同時に、「アマチュアイズム追求」の結晶をより多くの方々に聴いていただきたいという想いから、年に1回のセッション録音を今年までに13枚続けて実施し、13枚のアルバムを発売している。また、その中で外囿祥一郎、伊達弦、藤原亜美、原博巳、高橋敦、村田陽一、谷口英治、エリック・ミヤシロ、小谷口直子、新田幹男の各氏をお迎えし、共演を果たしている。 今後の更なる飛躍と発展を目指し、益々意欲的な活動を展開中である。

Artist page

FOSTERMUSIC Inc.