Welcome to M.T.Cのジャケット写真

歌詞

Story of the Bat

I-SET-I

Statesに巣食う black zombie

Ny ny big city of a dream

Jfk 抜けてsubway line

天を衝く摩天楼に 陽が沈む

ここの空気を 吸えば

俺は 高く飛べる気がしてる

フラつく通りを lower east side

Coneyの wonder wheelが見たい

40oz 流すチキン

BK bridge park chillin'

125stの デリの店主

No chinx分かるか? 一昨日来いってな

Devil's son Big L ODB

Biggie Sean P Big Pun R.I.P

夢に見たストリートに 俺はいる

力をくれ story of the bat

俺はこの海 股にかけるパイレーツさ

手つかずの財宝の山が 眠る

Coxsoneが 残したあの遺産

カリブの海に浮かんだ Studio 1さ

Gay Feet Merritone

Beverleys Blue Cat Kentone

毒と知ってても 噛む林檎

Treasure island kingston jamaica

甘いAlphonsoの saxに

凶暴なtromboneの Don Drummond

Ranglin or Lynn Taitt

Busterの声は 今もorange st

もう最早手遅れさ over the rainbow's end

Run di tune come again

Zionに眠る Altonを起こせ

45かける魔法 story of the bat

  • 作曲

    Chiba-Chiiiba

  • 作詞

    I-SET-I

Welcome to M.T.Cのジャケット写真

I-SET-I の“Story of the Bat”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

87's 茨城県水戸市を拠点に活動を開始し、

2022年Gullty Simpsonを手掛けたことも記憶に新しい

ビートメイカーのChiba-Chiiibaを総合プロデューサーにすえ

2nd Album「Welcome to M.T.C.」をリリースする

客演にYanack、Sheef The 3rd、JBM、D.D.S、Silent Killer Joint、G Yard、Gypsy Well、Ichino、DJ Bunta、DJ Behard、呼煙魔を迎えた豪勢な作品は

サンプリングを主とした緩急自在のサウンドに

HoodのSpokesmanとも言える彼の地元を代弁したキレのあるラップがのる

早くもマスターピースの呼び声が高い作品となっている

アーティスト情報

  • I-SET-I

    87's 茨城県水戸市を拠点に活動を開始し、2013年EP「Android」2015年1st Album「H.A.L」そして記憶に新しい2022年には 通販サイトで即完売となった2nd Album「Welcome to M.T.C.」呼煙魔との合作「Morning Call」をリリース また同郷の呼煙魔、雄火とのチームDowntown Swingazのフロントマンとして 2016年1st Album「Eraser Head」2019年2nd Album「Echelon」2021年EP「Patch Work」をリリース M.T.C 3部作となる今作品「Episode 1.5」はYU-DAIの全面プロデュースを受け I-SET-Iのバックグラウンドである80'sのサウンドで構成されており 彼自信の新境地とも呼べる楽曲が収録されている また数々の客演、地元水戸市近郊での大規模なパーティーの主催も手掛けており 現在最も注目すべきアーティストの1人である

    アーティストページへ


    I-SET-Iの他のリリース

Kurobi Records

"