Welcome to M.T.Cのジャケット写真

歌詞

Mo Problem

I-SET-I

たまにまとも たまに壊れてる

この世界は 今日も回る

憎んでもない 人のことを

言葉で殺す 親指ひとつ

まるで Bounty killer dead this time

People? 今すぐ逃げ出したい

悪い奴が 稼ぐ金を

良い奴は 馬鹿を見る世の中さ

本物紛れ偽物たちが 横行してるぜ

そうこうしてる間に

Fuck 転売屋諸君に

ただのファッション ただのスニーカー

Load a marcy その罪は重いさ

盲目の羊を 導くメディア

支配者の住む 東京バベル

目を閉じればすぐ楽になれるぜ problem

1.2.3 抱えた問題だらけ

I don't give a fuck

持つもの 持たざるもの

決して交わらない 平行線

誰かが降らす ブラックレインの脇で

傘を売る 死の商人

神の手の中で 踊っていてえだけだ amen

真っ赤なベヘリット 5人の天使たち

求めてる 皆に救いを

あのアバズレ 顔にイタズラ

本当の顔は 一体どれですか?

マスクもしなきゃ 外も歩けない

こんなふうにしたのは 誰ですか?

Just a moment fuck the world bitch

臭いものに もう蓋をしきれねえ

夜明け前 闇が深え new world order

痛みを楽しめ

  • 作曲

    Chiba-Chiiiba

  • 作詞

    I-SET-I

Welcome to M.T.Cのジャケット写真

I-SET-I の“Mo Problem”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

87's 茨城県水戸市を拠点に活動を開始し、

2022年Gullty Simpsonを手掛けたことも記憶に新しい

ビートメイカーのChiba-Chiiibaを総合プロデューサーにすえ

2nd Album「Welcome to M.T.C.」をリリースする

客演にYanack、Sheef The 3rd、JBM、D.D.S、Silent Killer Joint、G Yard、Gypsy Well、Ichino、DJ Bunta、DJ Behard、呼煙魔を迎えた豪勢な作品は

サンプリングを主とした緩急自在のサウンドに

HoodのSpokesmanとも言える彼の地元を代弁したキレのあるラップがのる

早くもマスターピースの呼び声が高い作品となっている

アーティスト情報

  • I-SET-I

    87's 茨城県水戸市を拠点に活動を開始し、2013年EP「Android」2015年1st Album「H.A.L」そして記憶に新しい2022年には 通販サイトで即完売となった2nd Album「Welcome to M.T.C.」呼煙魔との合作「Morning Call」をリリース また同郷の呼煙魔、雄火とのチームDowntown Swingazのフロントマンとして 2016年1st Album「Eraser Head」2019年2nd Album「Echelon」2021年EP「Patch Work」をリリース M.T.C 3部作となる今作品「Episode 1.5」はYU-DAIの全面プロデュースを受け I-SET-Iのバックグラウンドである80'sのサウンドで構成されており 彼自信の新境地とも呼べる楽曲が収録されている また数々の客演、地元水戸市近郊での大規模なパーティーの主催も手掛けており 現在最も注目すべきアーティストの1人である

    アーティストページへ


    I-SET-Iの他のリリース

Kurobi Records

"