加藤 英雄 3大ピアノ協奏曲 バイノーラル LIVE RECORDINGS -後編-

  1. ピアノ協奏曲 第1番 作品23 変ロ短調 第1楽章 Sonata part1
  2. ピアノ協奏曲 第1番 作品23 変ロ短調 第1楽章 Sonata part2
  3. ピアノ協奏曲 第1番 作品23 変ロ短調 第2楽章 三部形式
  4. ピアノ協奏曲 第1番 作品23 変ロ短調 第3楽章 Rondo
  5. 管弦楽組曲 第3番 BWV1068 第2曲 アリア (G線上のアリア アレクサンドル・シロティ編曲 Piano Ver.)
  6. トルコ行進曲 (アルカディ・ヴォロドス編曲 Ver.)
  7. 調律 (ステージ上指揮者横にてバイノーラル録音 at Generalprobe)
  8. ピアノ協奏曲 第3番 作品30 ニ単調 第1楽章 Sonata (ステージ上指揮者横にてバイノーラル録音 at Generalprobe)

説明文(国内向) : <ピアニスト加藤英雄 限界への挑戦> 本作品は、超絶技巧を要する3つの偉大なピアノ協奏曲を一公演の間に全て演奏するという、 ピアニスト加藤英雄の挑戦の一部始終をS席でバイノーラル録音した、サウンドドキュメンタリー作品となっています。 オーケストラは、高曲伸和 指揮によるフロット室内管弦楽団の演奏。 その公演の内容を、前・後編2作品に分けてお届けします。 後編となる本作では、 ・P.I.チャイコフスキー : ピアノ協奏曲 第1番 作品23 変ロ短調 に加え、 アンコール曲で演奏された ・G線上のアリア(Piano Ver.) ・トルコ行進曲(アルカディ・ヴォロドス編曲 Ver.) さらに、 ボーナストラックとして、クラシック録音では大変貴重なステージ上でバイノーラル録音された ・S.ラフマニノフ : ピアノ協奏曲 第3番 作品30 ニ単調 第1楽章 (at Generalprobe) を収録します。 国内有数の室内音響を有する神戸新聞松方ホール、そのS席でのバイノーラル生録音を、 コンサート当日の観客の一人となって、心ゆくまでお楽しみください。 ~ごあいさつ(アルバムブックレットより)~ 本日はようこそ3大ピアノ協奏曲の演奏会にお越しいただきました。 エイプリルフールにふさわしく嘘のようなプログラム、弾き手も大変ですが聴き手も大変です(笑)。 我ながらこれまでに経験のない挑戦的な演目です。 しかし、常にこうした挑戦ができますのは、たくさんの方々に支えて頂いているおかげであります。 皆様への感謝と作曲家への敬意を込めて、全身全霊でステージに立ちます。 豪華絢爛なオーケストラとの共演をどうぞ心ゆくまでお楽しみください。 今回のアルバムリリースにおいて、当日の臨場感や熱狂が少しでも伝われば嬉しいです。 <加藤英雄(ピアニスト・企画・監修)> 大阪音楽大学音楽専攻科修了、同大学卒業演奏会出演。第12回西宮市新人演奏会に出演。 ブルガリア・プレヴェンにて現地オーケストラと共演。第8回全日本彩明ムジカ・コンコルソ最高位受賞。 その後、ロシア・モスクワ音楽院にてマスタークラスを修了。第11回大阪国際音楽コンクールピアノ部門第3位受賞。 現在、歌声喫茶「うたごえ広場♪」や「芸文で第九を歌おう!合唱団」を主宰する一方、 各地域で多数のコンサートやイベントを開き地域の活性化、文化芸術の普及と発展を願い日々奮闘中。 ・2017年4月1日 神戸新聞松方ホールS席においてバイノーラル録音 ■Recording Gear Binaural Mic. : Samrec 2700 Pro (SOUTHERN ACOUSTICS / ANIMA Products Custom ver.3.0) Cables : Chronos XLR (ANIMA Products) Mic. Pre Amp & A/D Converter : UH-7000 (Tascam) Recorder : MR-2000S (KORG)

加藤 英雄

加藤英雄(ピアニスト・企画・監修) 大阪音楽大学音楽専攻科修了、同大学卒業演奏会出演。第12回西宮市新人演奏会に出演。ブルガリア・プレヴェンにて現地オーケストラと共演。第8回全日本彩明ムジカ・コンコルソ最高位受賞。その後、ロシア・モスクワ音楽院にてマスタークラスを修了。第11回大阪国際音楽コンクールピアノ部門第3位受賞。 現在、歌声喫茶「うたごえ広場♪」や「芸文で第九を歌おう!合唱団」を主宰する一方、各地域で多数のコンサートやイベントを開き地域の活性化、文化芸術の普及と発展を願い日々奮闘中。

アーティストページへ

HIDEO KATO & ANIMA