love. myself.のジャケット写真

歌詞

アイノウタ.

B.Nazki

遠い昔のアルバムめくり

笑ってる僕らがいた

色褪せた写真

そっと微笑んだ

長い長い道歩いてきた

僕は大人になり

あなたはいつも

当たり前にそこにいた

あの日の面影残したまま

ずっと変わったあなたを見てた

涙がこぼれないように

うつむいた

笑って泣いて

生まれて死んで

そしてそこには

いつもあの愛があった

時は流れて

移ろい変わって

だけどそこには

いつもあの愛があった

差し出された手振り払った日

その肩で泣いたあの日

色褪せない

ずっと心にしまって

あと何度ありがとうと言える

何度愛してると伝えられる

いつか最後になるまで

ずっとそばにあるものなんだと

ずっと変わらないものだからと

思っていたあの日

本当は知ってたんだ

笑って泣いて

生まれて死んで

そしてそこには

いつもあの愛があった

時は流れて

移ろい変わって

だけどそこには

いつもあの愛があった

Never let you go 忘れないよ

Never let me go ここにいるよ

Never let you go 愛はずっと

Never let it go ここにいるよ

Never let you go

あの愛を歌おう

Never let you go 忘れないよ

Never let me go ここにいるよ

Never let you go 愛はずっと

Never let it go ここにいるよ

Never let you go

あの愛を歌おう

また会えるかな

忘れないから

さよならいつかきっと

あの愛を歌おう

  • 作曲

    B.Nazki

  • 作詞

    B.Nazki

love. myself.のジャケット写真

B.Nazki の“アイノウタ.”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アーティスト情報

  • B.Nazki

    作詞、作曲、編曲、ミックスのほか、ミュージックビデオの監督・編集、アートワーク制作をすべてセルフプロデュースで独自に手掛ける。2007年より活動を行う。 1980~90年代の洋楽ポップシーンやゴスペルミュージックに影響を受けた心温まる楽曲、伸びやかな歌声、ジェンダーレスでチャーミングなキャラクターがチャームポイント。 自主開催するワンマンコンサートでは、世代や性別、国籍を越え約300人が集い、現在までに6枚のオリジナルアルバムをリリース。 各種イベントやお祭り、道の駅、ライブハウス、道の駅など年間100本近くのステージに立つとともに、台湾やアメリカでもライブ等を行ってきた。 2021年3月、オリジナル楽曲「ミンナノウタ.」が「第4回とつかソングコンテスト」グランプリ受賞。 またTikTokにてオリジナル楽曲「thanks to you」の使用動画が1,200を越える。You Tubeチャンネルの総再生回数は23万回超え。(2022年6月時点) 歌手活動と並行し、2020年10月から2021年12月までVtuberプロジェクト「D-Prince! 次世代型王子様プロジェクト」に英 伊吹(ハナブサ イブキ)として参加。 国内外のリスナーに向け、英語を交え歌やトーク、オリジナル企画等の配信を行ってきた。 その他、小中学校時代、母が立ち上げたヒップホップ・エアロビクス教室に参加し、ヒップホップダンスを習得。

    アーティストページへ


    B.Nazkiの他のリリース
"