七三〇ノ軌跡のジャケット写真

歌詞

唯我独尊

令名の和歌

始まりはいつか?千年の夢追い求め

闇夜を駆ける

疼く情熱と魂に刻みこまれた

揺ぎ無い暁

この身にたぎる力 奥の奥に眠る

戦う時は来た 今こそ呼び覚ませ

想いを遂げる日まで 誰にも譲れない

心に強く決めた 誓いを胸に宿し

恐れることなどない

時は満ちた 今立ち向かえ

熱い心 信じて

どんな闇も切り裂く刃

永久にこの地に刻んで

始まりは遠く 霧に包まれた彼方で

背中を押した

力が尽きても 羽根が千切れても

倒れない 一矢報いるまでは

この身に秘めた力 荒れ狂う龍の様に

生まれたその日から 強さを覚えてる

想いを越えた明日へ 全てを切り裂いて

もう戻る事はないと あの三日月見上げた

この拳を掲げて

霧は晴れた いざ舞い踊れ

折れぬ気高い絆

いつかいつか掴み取る為

覚悟磨いて行くだけ

迷いの中で手にしたもの

天駆ける夢に

この命を捧げたいと強く決めた

時は満ちた 今立ち向かえ

熱い心 信じて

どんな闇も切り裂く刃

永久に八千代に 嗚呼

霧は晴れた いざ舞い踊れ

折れぬ気高い絆

いつかいつか掴み取る為

覚悟磨いて行くだけ

  • 作曲

    岡田ケイスケ

  • 作詞

    岡田ケイスケ

七三〇ノ軌跡のジャケット写真

令名の和歌 の“唯我独尊”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

令名の和歌ベストアルバム「七三〇ノ軌跡」

アーティスト情報

FREE LIFE

"