七三〇ノ軌跡のジャケット写真

歌詞

天晴レ東京

令名の和歌

燃え上がる太陽 晴れ渡る夏の空

頬かすめ五つの 熱を帯びし風が吹く

目を閉じて深呼吸 夢見てた晴れ舞台

その心震わす2020の煌めき

何度も焦がれて遥か彼方目指して明日を追いかけた

華やかな勝利の先へ さぁ今すぐ走り出せ

揺らめいた灯火 胸の奧に焼き付け

日の丸を背負う姿は眩くて誇らしくて

金色に輝く頂きに届くまで勝ち上がれ

色付いた歓声も激闘の騒めきも

冷めやらぬ興奮も瞬く間に過ぎてゆく

流した涙と汗を拭い道なき道を歩いてた

がむしゃらに未知の世界へ さぁ今こそ呼び覚ませ

人生を捧げたその一瞬のために

東京で描く奇跡が現実のものに変わる

栄光の証を歌に乗せ届くまで響かせて

五十と六年振りの主役さ我らが日本

心が声が枯れて果てても叫ぶよ

華やかな勝利の先へ さぁ今すぐ走り出せ

揺らめいた灯火 胸の奧に焼き付け

日の丸を背負う姿は眩くて誇らしく強く

金色に輝く頂きに届くまで勝ち上がれ

  • 作曲

    yumura

  • 作詞

    ひろん

七三〇ノ軌跡のジャケット写真

令名の和歌 の“天晴レ東京”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

令名の和歌ベストアルバム「七三〇ノ軌跡」

アーティスト情報

FREE LIFE

"