七三〇ノ軌跡のジャケット写真

歌詞

風花

令名の和歌

災いの渦に飲まれて幾年の月日が過ぎた

癒える事ない傷痕を今でも抱いて生きている

繰り返す悲しみの中 幾多の蘇る記憶

安らぐ場所追い求めて耳を塞いで目を閉じた

どこへ向かえば どこへ歩けば

少しでも少しでも突然の別れを癒せる?

空よ海よ遥かなる大地よ

我らに生命を授け時には試練を与えた

ゆらり揺られて消えてゆく徒花

嗚呼もうあの日々には帰れはしない

想い出だけを噛み締めて流れる玉響の涙

悔しかった生きたかった それぞれにある人生を

今も今でも忘れられない

どこまでも降り注ぐ

変わり果てた街の嗚呼、風花よ

空よ海よ遥かなる大地よ

我らに生命を授け時には試練を与えた

ゆらり揺られて消えてゆく徒花

嗚呼また今年もこの場所まで来た

今、亡き人々へ贈る祈りを込めた花束を

  • 作曲

    yumura

  • 作詞

    ひろん

七三〇ノ軌跡のジャケット写真

令名の和歌 の“風花”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

令名の和歌ベストアルバム「七三〇ノ軌跡」

アーティスト情報

FREE LIFE

"