失敗作のジャケット写真

歌詞

失敗作

Qisano

はじめまして なんて台詞じゃ

挨拶にもならないが

あれもこれも吐き出したくて

言葉を鳴らす私は此処です

知らなければ悪ですか

言えなければ罪ですか

どっちにしろいつかは泡になって

ぶくぶくと消えていく定め

承認欲に駆られ

一生癒えない傷ばかり増え

明日は分岐 こっちに行けば

楽になれそうで 慣れなさそうで

盲目的になんて

何かに浸り切ったことはない

常に斜め上 冷めた目線が

現在を見下ろして舌を打つ

散々 染み付いた癖を

隠し持って いつか漏れそうで

ぐるぐるに巻いた本当と

好都合に覆った口元と予定調和

あなたの綻びにほっとして

誰かの生き様に嫉妬して

集団心理の恐ろしさを語る

集団の一人になって

有名税くらい払えよ

私はその他大勢の中

叫びたいのに声出ない夢を

ずっとずっと見ているようだ

不必要な人間などいません

そのはずですが

突然 興味をなくした子供みたいに

おもちゃを棄てるのは簡単で

大切にされないのは自分が自分を

大切にしていないからという

自責的思考回路が正しいとされる

曖昧な根拠を並べ

全て分かっていますと

いった顔で煽る

肩書きが面倒な奴の

分析にまで一喜一憂して

“ 所謂 出来損ない ”

部屋中に木霊している

軌道修正する暇はないまま

秒針は機械を全うして

サイレンは今日もサイレント

生活音が癇に障る

カタカタと打つ文字は決まって

失望家ぶった匂いを含む

背徳感と気の迷いで

たった一行の失言で

あの人の過去は全焼したが

私は不感症みたいに

さめざめ泣ければもっと

容易く笑えたり出来るの?

紫の雑踏に塞がれた

心を解いてくれないか

不純物がまだまだまだ足りない

美しく枯れるには遅過ぎた

真っ直ぐに見つめるな腹が立つ

悲しいのに微笑って何になる

今更理由なんて持ち出すな

呆気なく死にたくなる日もある

朝焼けに否定され続けて

眩しさに負け越した夜行性

効かなくなった薬を食べる

幻想だった愛でも腐る

撫でられた頭が疼く

無性に前を歩く背中を蹴りたい

この滑稽な人生の上

なお願いに似た息をする

五月蠅い五月蠅い五月蠅い五月蠅い

五月蠅い五月蠅い五月蠅い五月蠅い

五月蠅い五月蠅い五月蠅い五月蠅い

五月蠅い五月蠅い

  • 作曲

    Qisano

  • 作詞

    Qisano

失敗作のジャケット写真

Qisano の“失敗作”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    失敗作

    Qisano

シンガーソングライター「Qisano」

アーティスト情報

Q-base

"