Got A Brand New Bagのジャケット写真

歌詞

アイマスクとヘッドフォン (feat. DABO & Chozen Lee)

TARO SOUL

Yeahhh 開口一番のシャウトで

空気をチェンジ

Makeするgrooveのデカさならば

さながら宇宙規模で

俺のヤバさの引き合いの為に

Wackをディスる気もねえ

マイク電源offる頃には君も

友達にすぐリコメンド

どんな現場だって爆発させるもん

全然OK ハッタリか検証 何なら

アイマスク&ヘッドフォン

着けさせてアルファードで連行

Spitする小ちゃいおじさん

見た目とのギャップ Very funny

Check the flava

TARO SOUL is deliverin'

俺にヒットソングと

人気がないのが君の不安要素

そんなのただの記号さ

気にしなくて良い つまらんこと

バイアスなら燃やしたろうか

Don't be like 茂一田岡

ほら君の元に波紋が

例えそれが小石だろうが

Di di di da di day

Di di di da di day

君ん中でmy music じきに弾ける

ギターケースじゃなく

ベロに仕込んだロケットランチャー

音鳴れば条件反射 俺たちは

そんなマリアッチ いざ旅立ち

アイマスク&ヘッドフォン

Gimme da アイマスク&ヘッドフォン

連れてけ どんな現場もOK

まるで電波少年

Gimme da アイマスク&ヘッドフォン

アイマスク&ヘッドフォン

Gimme da アイマスク&ヘッドフォン

いつでも良いぜ 例えば

週末のアップタウン

または水曜日のダウンタウン

逆にマイナスから天国まで連れくぜ

Ok ok ok ok ラチッてみボケ ha

タロソにMr.リー 俺だぜ俺 yeah

まるでドス黒い三連星

目にも留まらぬ連携プレー

聞こえてるやつ観念せい

今高らかに選手宣誓

我々は神聖なマイクの前

研ぎ澄まされし言葉

目の前のリスナーに蹴っ飛ばし

どこだって鬼ボスすること今

誓う 誓う 誓う

俺の死んだパパに誓う

お前がどこのどいつだろうが

盛りあげるなんざ朝飯前

言葉の壁すら関係ない

わかるかここ引けアンダーライン

俺の声はイイ楽器

ビートの上立ちっぱなし

さぁどこまでラチってくれんだよ

オラワクワクすっぞ

逆境なほど燃えるドMな

マイクの中マグマが沸騰

怖いもんなしになっちまう

俺が俺でなくなっちまう

満月見た孫悟空さ 圧倒的パワー

へし折って食っちゃう東京タワー

I'ma マダファッキンモンスター

バースはドープなフレーズの

クラスター

一見常連ヘッズにヘイター

ミナゴロシの刑だ

回せ地球儀 ダーツの旅

つれてってどんなところでも常時

準備万端 ギャラアゴアシマクラ

とっぱで精算 プロには対価

アイマスク&ヘッドフォン

Gimme da アイマスク&ヘッドフォン

連れてけ どんな現場もOK

まるで電波少年

Gimme da アイマスク&ヘッドフォン

アイマスク&ヘッドフォン

Gimme da アイマスク&ヘッドフォン

いつでも良いぜ 例えば

週末のアップタウン

または水曜日のダウンタウン

逆にマイナスから天国まで連れくぜ

音楽の天国

付き合ってもらうぜ地獄まで

拉致られた これに拉致られた

いきなり目耳塞がれて拉致られた

街は皆 これを待ちわびた

ほら救いの神なら叫ぼう JAH!

Rastafari Emperor Haile Selassie

I The First Echiopia

My Name is CHOZEN LEEと申す

Come fi Boss and Taking Over

当たりかハズレか知らぬがハマれば

ハマりっぱなしWon't Stop

にぎにぎにぎ賑やかに

やればいいーのさ

気持ちイイサウンドはどー?

耳元でBassと言葉攻めされ

時間の感覚もね

シラフでいられるもんかね

マトモじゃないのは

お互い様だろBabe

魅惑のReggae Island

Jamaica Girlはエキゾチックさ

熟れてるフルーツに触れてみると

果汁が弾けちゃう

これはあれかな?なんかのプレー?

それか狂った時代に

トノ(Tun Up)った新たなWave?

嫌いじゃないからもっとくれ

わからせてやるぜビートの上では

誰もコレに逆らえんから従え

アイマスク&ヘッドフォン

Gimme da アイマスク&ヘッドフォン

連れてけ どんな現場もOK

まるで電波少年

Gimme da アイマスク&ヘッドフォン

アイマスク&ヘッドフォン

Gimme da アイマスク&ヘッドフォン

いつでも良いぜ 例えば

週末のアップタウン

または水曜日のダウンタウン

逆にマイナスから天国まで連れくぜ

  • 作曲

    TARO SOUL, SHIMI from BUZZER BEATS

  • 作詞

    TARO SOUL, DABO, Chozen Lee

Got A Brand New Bagのジャケット写真

TARO SOUL の“アイマスクとヘッドフォン (feat. DABO & Chozen Lee)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

2018年の前アルバム『A Bomber's Diary』でのソロ再始動以来、
Remix EPのリリース、ワンマンLIVE、
ギタリスト 竹内朋康、キーボーディスト タケウチカズタケとのバンドスタイルでの全国30箇所ツアー、
SEX山口監修によるカバーEPのリリース等、精力的に活動を続けて来たTARO SOUL。
コロナ禍のペースダウンも熟成に変え、4thアルバムが完成。
配信のみでリリースしていた「PONR Feat. KEN THE 390 & SKY-HI」以降、
ビートメイキングにも挑戦し、SHIMI from BUZZER BEATSをアレンジャーに迎え、
より理想のサウンドを追求した本作は、自身初のトータルプロデュースアルバムとなる。
客演なしだった前作とは打って変わって、前述のKEN THE 390、SKY-HIに加え、
DABO、Chozen Lee、句潤、Rhyme Boya (Dinary Delta Force)の豪華ゲストがラインナップ。
"タロケン"そして"ダメレコ"のリユニオンの興奮醒めやらぬ中、
更なる"新しい何か"を獲得したTARO SOUL Version 4.0がローンチされる。

アーティスト情報

  • TARO SOUL

    神奈川県藤沢市出身。幼少期よりJames BrownやMichael Jackson等のソウルミュージックに親しみ、 その帰結としてHIPHOPに没頭。ダンス、DJ、グラフィティも含め、4大要素全てに熱中するも、 マイクこそが自らの一番の表現手段と知り、18歳でラッパーとして本格始動。 都内のクラブを中心にキャリアを積み、2005年に「太郎 & KEN THE 390」としてインディーズ・デビュー。 以降、唯一無二のソウルフルなラップを武器に、数多くの人気メジャー・アーティスト作品に参加。 2008年にはソロ・アーティストとしてメジャー・デビューを果たす。 その後、ライブ・パートナーとして活動を共にしていたDJ IZOH(DMC 2012 World Champion)と、 「SUPER SONICS」を結成、4枚のMIX CDと、2014年には待望のフル・アルバムを発表。 2ターンテーブル&1マイクの基本スタイルをネクストレベルに昇華したライブ・パフォーマンスは各方面で話題になり、 オールジャンルのフェス等でも爪あとを残している。 一方では、ギタリスト竹内朋康主催のレア・グルーヴ・ライブイベント「Magic Number」にレギュラー参加、 数多くのミュージシャンとセッションを重ね、いち歌い手として深化を続ける。 2018年、更なるステップアップのため、ソロ活動を強化、実に9年ぶりのソロ・アルバムを発表する。

    アーティストページへ


    TARO SOULの他のリリース
  • DABO

    アーティストページへ

  • Chozen Lee

    アーティストページへ

SOUL SPIT RECORDS

"