Got A Brand New Bagのジャケット写真

歌詞

BETTER

TARO SOUL

へこみたくないanymore

もう惑わされず進んでいきたいよ

また出た

見て見ぬフリのbad habit

人は人さ 比べても

意味ないじゃんって達観ぶった態度

ひょっとして

マウンティングでもしちゃった気?

何故へこんで悔しいのかって

考えろeveryday

それはまだまだやれるんだって

気持ち捨ててないエビデンス

遣り過ごし上手になったって

偽りの経験値さ 堂々とへこめよ

逃すなチャンスだぜ

Let's take it now

誰にも奪うことなんて

出来ない可能性さ

自ら狭めちゃ No No

取り戻せ いいや

自分も知らない自分へupgrade now

I do it Ido it Sky's the limit

Trynna make it

Better, better better

穴空くほど睨んでも

化ける気配のない 手持ちのカード

そろそろ潮時だろPay the cost

(If you wanna make a change)

捨て切れない I love them all

縋るな今更 何をガードしてんの?

それ捨てて損なわれる程度の

セルフなんて知れてるじゃないか

そう高が

いまだ程遠いんだろsatisfaction

またもお利口さんと分からず屋が

現実受け入れるべきか

ディスカッション

時を経てくるとどうも前者が

分が悪くなった後者に楽勝

覆してみせろ夢はまだ思い出の

アーカイブには早過ぎるだろ

誰にも奪うことなんて

出来ない可能性さ

自ら狭めちゃ No No

取り戻せ いいや

自分も知らない自分へupgrade now

I do it Ido it Sky's the limit

Trynna make it

Better, better better

レントゲンじゃ見透かせない

心のつっかえ

一体何が出来るか 取り除くため

頭じゃわかってんのに

俺ってヤツはつくづく

ハート側が認識エラー

起こしがちなbluetooth

都合よくリブート

出来れば晴れる気分も

ときには必要 息抜も実力

けど偽るな自分を

どう足掻いても持久走

絶対あるから ちゃんと探せ

Missing piece ジグソー

思いの強さが足りてない結局のとこ

諦めろ不安が沸くのは

デフォルトのよう

楽して何ちゃらも誘惑してくる

手を組もうよ

スルーして進めろ

自分だけのプロトコル

風を吹かす Once Againばりに

かつてない一度目さ

I'm gonna break the limit

決意ならば宿らしたんだペン先に

信じるマイセルフ

マンバメンタリティ

誰にも奪うことなんて

出来ない可能性さ

自ら狭めちゃ No No

取り戻せ いいや

自分も知らない自分へupgrade now

I do it Ido it Sky's the limit

Trynna make it

Better, better better

  • 作曲

    TARO SOUL, SHIMI from BUZZER BEATS

  • 作詞

    TARO SOUL

Got A Brand New Bagのジャケット写真

TARO SOUL の“BETTER”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

2018年の前アルバム『A Bomber's Diary』でのソロ再始動以来、
Remix EPのリリース、ワンマンLIVE、
ギタリスト 竹内朋康、キーボーディスト タケウチカズタケとのバンドスタイルでの全国30箇所ツアー、
SEX山口監修によるカバーEPのリリース等、精力的に活動を続けて来たTARO SOUL。
コロナ禍のペースダウンも熟成に変え、4thアルバムが完成。
配信のみでリリースしていた「PONR Feat. KEN THE 390 & SKY-HI」以降、
ビートメイキングにも挑戦し、SHIMI from BUZZER BEATSをアレンジャーに迎え、
より理想のサウンドを追求した本作は、自身初のトータルプロデュースアルバムとなる。
客演なしだった前作とは打って変わって、前述のKEN THE 390、SKY-HIに加え、
DABO、Chozen Lee、句潤、Rhyme Boya (Dinary Delta Force)の豪華ゲストがラインナップ。
"タロケン"そして"ダメレコ"のリユニオンの興奮醒めやらぬ中、
更なる"新しい何か"を獲得したTARO SOUL Version 4.0がローンチされる。

アーティスト情報

  • TARO SOUL

    神奈川県藤沢市出身。幼少期よりJames BrownやMichael Jackson等のソウルミュージックに親しみ、 その帰結としてHIPHOPに没頭。ダンス、DJ、グラフィティも含め、4大要素全てに熱中するも、 マイクこそが自らの一番の表現手段と知り、18歳でラッパーとして本格始動。 都内のクラブを中心にキャリアを積み、2005年に「太郎 & KEN THE 390」としてインディーズ・デビュー。 以降、唯一無二のソウルフルなラップを武器に、数多くの人気メジャー・アーティスト作品に参加。 2008年にはソロ・アーティストとしてメジャー・デビューを果たす。 その後、ライブ・パートナーとして活動を共にしていたDJ IZOH(DMC 2012 World Champion)と、 「SUPER SONICS」を結成、4枚のMIX CDと、2014年には待望のフル・アルバムを発表。 2ターンテーブル&1マイクの基本スタイルをネクストレベルに昇華したライブ・パフォーマンスは各方面で話題になり、 オールジャンルのフェス等でも爪あとを残している。 一方では、ギタリスト竹内朋康主催のレア・グルーヴ・ライブイベント「Magic Number」にレギュラー参加、 数多くのミュージシャンとセッションを重ね、いち歌い手として深化を続ける。 2018年、更なるステップアップのため、ソロ活動を強化、実に9年ぶりのソロ・アルバムを発表する。

    アーティストページへ


    TARO SOULの他のリリース

SOUL SPIT RECORDS

"