さっきの女の子、と交流のジャケット写真

歌詞

のジレンマ

さっきの女の子、

鳴いた、話咲いた

欠いた目線のショー/劇

まさか、スリルだけなら

どこでなにをしてたっけ

あれもこれも2日前は

自分で自分疑う

いま、ひまを焚きつける

下手な証拠の日々は論より

罪あがるのは大小

生き抜こうとすると、すぐに日暮れて暗いね

どこかで聞いた歌みたいだね、と

足元すくわれて

不意にぶつかる孤独は

プラマイゼロをひと掴み

ギターにポイ捨てされても

また鳴らしてみましょう

辿る相対(あいたい)のズレとディスコード

それを覚えていて

「ここでなにをしているの?」

光の後ろの詰問(きつもん)

じゃれている無意識の

また、砂の孤城だね

返事ない、けどください

だれか私の夢の

続きを叫んでいい

イエローの内側

なくならないものばっか追いかけて

手元が狂ったら

聞かせる音はマイナーが

ちょいともどかしい、事実

「これは違うんだ」って本当

バレずにやれてきた

『ニセモンっ』呟く

鳴り物の凶行

あなたなりを

どこかで聞いた歌みたいだね、と

足元すくわれて

不意にぶつかる孤独は

プラマイゼロをひと掴み

「これは違うんだ」って本当

バレずにやれてきた

『ニセモンっ』呟く

鳴り物の凶行

あなたなりを

ひたすら満たすわ

もろいけどさ

それでもかけらごと、愛を探そう

  • 作曲

    YASUHIRO(康寛)

  • 作詞

    スティーブ・パンダ

さっきの女の子、と交流のジャケット写真

さっきの女の子、 の“のジレンマ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

さっきの女の子、と交流

さっきの女の子、

現代ポップスにJazz風味をマッシュアップしたNeo Idol Jazz、オルタナティブジャズを中心とした先進的な楽曲を擁する「さっきの女の子、」は2021年3月から無期限のライブ活動休止より復帰した。
前作はオリコン(インディーズ)ウィークリー14位にランクインしたが、復帰1作となる今回のミニアルバムの収録楽曲は、初期からさき女を支え続ける人気ボカロP「YASUHIRO(康寛)」を始め、ニコニコ動画でスマッシュヒットした「キドアイラク」を生んだ「Task」が手がける「は鏡合わせ」 人気Vtuber「AZKi」への楽曲提供なども行う「HAMA」が編曲を手掛ける「が覚えてる青春」など、更なる進化を感じさせながら、”らしさ”を失っていない一枚となっている。

進む先、これから出会う人々と、交流図るこの一枚
手に取るあなたの表情まで

アーティスト情報

  • さっきの女の子、

    東京都内で活動するユニット「さっきの女の子、」 Jazzを基調とした多彩な楽曲と、一言では表現できない個々人の魅力とともに、未来へ進むグループ

    アーティストページへ

O-record

"