GRIND SURGICAL SHRINEのジャケット写真

歌詞

Kocho

KANDARIVAS

Kocho No.1

Akikan daro

Rifujin daro

Itsumademo

Suenagaku

Shinnenwo

  • 作曲

    TOMOKI

  • 作詞

    TOMOKI

GRIND SURGICAL SHRINEのジャケット写真

KANDARIVAS の“Kocho”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

東京神田生まれ、生粋の江戸っ子 Tomokiを中心に結成されたグラインドコアバンド、KANDARIVAS。
和太鼓を取り入れた実験的かつ独創的なダブルドラムによるビート、時にインダストリアルタッチな硬質なギターリフを刻みベースレスながら重厚なサウンドで和洋折衷ともいえる独自のKANDARIVASサウンドを構築。結成からライブ活動も頻繁に行ない、またインドネシアのDEADSQUADとも交流が深くインドネシアでも数多くのライブをこなしてきたKANDARIVASが満を持して解き放つ9曲入りミニアルバム。録音・ミックスダウンはVoid)))lab、マスタリングにStudio ChosK。アートワー クにTERRORIZER、NOCTURNUS、死んだ細胞の塊なども手がけたBvllmetal。これまで主流となっていた欧米型のグラインドコアのストラクチャーに日本の文化と感性が融合し新たなグラインドコアの可能性を感じる作品がここに誕生。

アーティスト情報

  • KANDARIVAS

    2015年結成。リーダーTOMOKIの出身地、神田をバンド名に冠し下町の義理と人情を和太鼓と共に轟かせるリアルジャパニーズエクスペリメンタルグラインド。年間50本に及ぶギグの傍らエクストリーム超大国インドネシアとの交流を深めこれまでに5度のインドネシアツアーを敢行。またジャカルタのフェス “EVERLOUD”の日本版を定期的に開催。国内外より注目を浴びる。 Obliteration Recordsから現体制初の単独作品 "Grind Surgical Shrine" を発売。

    アーティストページへ

OBLITERATION RECORDS

"