Waiting at home songs

  1. 天気予報
  2. ポートレイト
  3. スピード
  4. ささやき
  5. 夢の涯てまで
  6. 終わらないこと
  7. スローモーション
  8. 教会

緊急事態宣言の中 自宅にて
弾き語りライブ録音。
戦前ブルース、ジェネレーションXの音を捕らえた。ザラついた音像、カセットテープ、ヴィニール、、、

武元 狩

ギタリスト/ヴォーカリスト。 都内ライブハウスでソロ活動をスタート。同時にバンド、DJ、他分野のアーティストとのコラボレーションも活発的に行う。 ソロアルバム『 Cold Blues 』をリリース後単身渡米。 ニューヨーク老舗ライブハウス「 Bitter End 」を含む3カ所でライブ。 帰国後エレクトロニカ/アンビエントユニット”Colbets”のギタリストとして活動。国内/海外レーベルから作品を多数発表。深い残響とエコーのかかったギターの音色で抽象的な音空間を紡ぎだす。 ヴォーカリストとしても洋楽カバーアルバム『Sound of Kura 2』 (Lustrum)に参加。 現在はソロ弾き語りライブを中心にギタリストとして 墨と花のアートユニット"墨花"との即興コラボレーションライブ。 映像作品に楽曲提供。 インダストリアルテクノロックバンド”Day Dream Dreamer”と アンビエントユニット”The Lonely hunters"で活動中。

アーティストページへ