誓いのショートカット / Rayのジャケット写真

曇り空もいつか 嘘のように晴れるよ 選んで現在(いま)を

何の為に生きてるって嘆く

その横顔 見つめる事しかできない

いっそ風に流されて 見知らぬフリして 逃げてしまいたいなんて思ったり

毛布被って独り 時計の秒針聞いて眠る

痛みも 纏い 全て 守り抜く力にできたら 変われるかな

今も 止まらない 悲劇 涙流してまだ

膝をついてしまえないよ さぁ放って Ray 一筋の命の刃を

例え 埋まらない 悲劇

熱い血を流して 消えぬ傷に苦しんでも 信じてる未来

取り戻すから

奇跡のような強さなんて 無いみたいだ 笑えるほどに現実で

それでも諦めないと見上げた 高く気高く光る空を 掴みたい

全て 譲れない 願い 伸ばす小さな手に

宿る息を止めた想い 怖がらずに Fly 命で燃やせ弱い自分

幾度 描いてた 願い 甘い夢望んで

見えぬ足元怯えても 振り返えらないよ

唇噛み締め

一つ 交差していく力が 綺麗に混じり合って

抱えた傷共に 勇ましく光るよ

遠く 果てしない未来 涙流してまだ

膝をついてしまえないよ

さぁ放って Ray 一筋の命の刃を

掴め 限りない 未来

熱い血を流して 消えぬ傷に苦しんでも 信じてる大空 触れて晴れに変えて

I believe…

  • 作曲

    髙橋コースケ

  • 作詞

    大島はるな

誓いのショートカット / Rayのジャケット写真

ショートカット部 の“Ray”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • 1

    誓いのショートカット

    ショートカット部

  • ⚫︎

    Ray

    ショートカット部

「誓いのショートカット」
ショートカット部で初の全国リリースCD。
誓いのショートカットは
失恋から女の子が髪を切って前向きに走り出す
をテーマに作成した楽曲です。

切ない系+ロックをコンセプトに
これから新しく走り出すグループと重ね合わせて
疾走感のある元気を与えられる楽曲に仕上がっております。


「Ray」
ショートカット部の今回リリースする新曲。
エモロックを表現した楽曲。
ピアノとロックを組み合わせた疾走感のあるナンバーになっています。
光線という意味をもつこの楽曲は
前へ進んでいく人たちに突き進んでいくことで
いろんなことがあると思うけど、やり続けることで見えるものがある
というような意味が込められている。

アーティスト情報

PABLO Records

"