のジャケット写真

断捨離

  1. 断捨離 (feat. HOKT)
  2. 断捨離 (Instrumental)

妬むカスも、クセェbitchも、いらねぇ物は全て捨てるだけ…
これが“伝説のギャング元リーダー” “現役キック王者” 田中雄士流の「断捨離」
N.C.B.BからHOKT氏を客演で迎え入れMVにはTKO木下氏が友情出演!

田中雄士

90年代に構成員300,周辺部隊を含めれば最大1000人にも達したと言われる伝説のギャンググループ”K”を束ねた2代目リーダーとして数々の伝説を残す。 その後、都内に複数の関連会社を経営する若手実業家として活躍する傍ら24歳でキックボクシングを始め、プロライセンスを取得。 戦いへの餓えとは裏腹にビジネスに忙殺される日々が田中にグローブをはめさせる時間を奪い、気がつけばいつしか格闘技から遠ざかっていた。 それでも30代になっても胸の奥底に眠っていた闘志は抑えきれず、その強さへの渇望はもはや抑えられなくなり、本格的なキックボクシングジムに通い始める。 32歳でプロデビュー、しかし周囲の期待をよそに痛恨の2連敗。その後、戦極、K-1などの大舞台に上がり、ビジネスに追われながらもムエタイの本場タイや、シンガポールに渡り修行や鍛錬を重ね35歳で初の王座獲得。 WBKF初代世界スーパーフェザー級王者、第3代GRACHANキックフェザー級王者、蹴拳インプレッション初代スーパーフェザー級王者の3冠を獲得し、今も事業を拡大しながら現役を続けている。 日本のプロキックボクサー、会社経営者。千葉県千葉市出身。 キックボクサージム「レンジャージム」のオーナー兼会長。都内に複数の美容関連会社や飲食店を経営する若手実業家として活躍。 WBKF初代世界スーパーフェザー級王者、第3代GRACHANキックフェザー級王者、蹴拳インプレッション初代スーパーフェザー級王者。

アーティストページへ

YUJI TANAKA