生きていたら逢いましょうのジャケット写真

歌詞

霞の向こう

とがる

きみが見ていた星には

痛みはないでしょう

ここはきみの魂の

墓場じゃないでしょう

東京は悲しみの交差点

落ちていくところまで落ちていく

ここは魂の交差点

落ちていくところまで落ちていく

きみの手から消えた悲しい人

純潔も愛もそこには無かった

通りすぎるだけの星には

いつまで経っても明かない夜

ふと消えたくなる夜がある

ぼくが見ていた星には

苦しみはないよ

それはぼくの魂の

花火じゃないよ

東京は肉体の消化点

燃え尽く前に錆びつく

ここは心の消化点

悲しむ前に燃え尽きる

ぼくの夢から生まれた悲しい人

壊れる前には抱きしめてよ

誰かのことを憎んでしまう

自分のことが愛せない

分かり合えない

分かり合いたい

分かり合えない

分かり合いたい

Last Summer

  • 作曲

    shimaumatentacion

  • 作詞

    shimaumatentacion

生きていたら逢いましょうのジャケット写真

とがる の“霞の向こう”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

とがる初となるアルバムです。
自らで標榜するModern Grungeの提唱とパンデミックで喪失したものをテーマに構成しました。
Emo, Grunge, Shoegaze, Post Rock, Post Hardcore等といった90's~00'sにかけてのサウンドを基調としながら、邦ロック及びJ-POPとの混同を目指しました。

過去プレイリストイン

霞の向こう

Spotify • Edge! • 2021年6月4日 Spotify • 夕方ジェネレーション • 2021年6月4日

アーティスト情報

  • とがる

    とがるは2019年3月に4ピースバンドで結成。 その後メンバーの脱退により、Vo./Gt.ナカニシイモウのソロプロジェクトとして活動を継続中。 Modern Grungeを標榜し、ジャンルを横断しながら点と点を紡いでいく。 90年から00年代のオルタナティブロックを基調としながら、多様なサウンドを取り入れ、現在進行形のJ-Rock, ギターロックを体現した楽曲はSyrup16g, SUPERCAR, THE NOVEMBERS, きのこ帝国といったバンドにも通ずるものがある。

    アーティストページへ


    とがるの他のリリース
"