生きていたら逢いましょうのジャケット写真

歌詞

情緒の海

とがる

きみの目を見て話せない

心がいつまでも離れない

本当のことが伝わらない

生きてる意味を見出せない

思いを言葉で表せない

心を体で表せない

積み立てられる誤解と後悔

悲しいけど涙が溢れない

最近のきみは

悩んでいるらしいと聞いたけど

ぼくはもうそんな関係性ではない

きみを見ていると

何かを思い出すけど何かは分からない

それを繰り返しています

生きているだけでいいよと

ぼくは嘘をついたけど

本当は求めてる そんな関係性ではない

きみに投影していた

ぼくが失くしたものが何かは分からない

それを繰り返しています

きみのもとまで行きたいけど

怖くて体が動かない

それを許せるのかな

きみに想いを打ち明けたいけど

社会の何かに犯されて

それが怖くてできない

この虚しさもどうせなら

何か力に変えて

誰かを救えるような

そんなものにしたい

泣かないで 泣かないで

  • 作曲

    shimaumatentacion

  • 作詞

    shimaumatentacion

生きていたら逢いましょうのジャケット写真

とがる の“情緒の海”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

とがる初となるアルバムです。
自らで標榜するModern Grungeの提唱とパンデミックで喪失したものをテーマに構成しました。
Emo, Grunge, Shoegaze, Post Rock, Post Hardcore等といった90's~00'sにかけてのサウンドを基調としながら、邦ロック及びJ-POPとの混同を目指しました。

アーティスト情報

  • とがる

    とがるは2019年3月に4ピースバンドで結成。 その後メンバーの脱退により、Vo./Gt.ナカニシイモウのソロプロジェクトとして活動を継続中。 Modern Grungeを標榜し、ジャンルを横断しながら点と点を紡いでいく。 90年から00年代のオルタナティブロックを基調としながら、多様なサウンドを取り入れ、現在進行形のJ-Rock, ギターロックを体現した楽曲はSyrup16g, SUPERCAR, THE NOVEMBERS, きのこ帝国といったバンドにも通ずるものがある。

    アーティストページへ


    とがるの他のリリース
"