OPENING-0

  1. OPENING-0

“How do I break to magic of my soul?”

Inear

3歳の頃より、エレクトーンやピアノ、ドラム、シンセサイザーなど様々なタイプの音楽に親しむ傍ら、作詞作曲をおこなう。 2015年よりInearとしてのソロアーティスト活動を開始。DTMでDrumnbass/Shoegazer/Newwaveといった様々なジャンルの楽曲を制作。 「光は闇から生まれる」をコンセプトに、幻想的でどこか二面性を感じさせる世界観をもつ。 オーケストラを基調とした、多数の積み重なるメロディ展開と、電子音、ウィスパーボイスを混ぜた歌唱とラップが特徴。 ゲーム、特にRPG独特の世界観に影響を受け、自身が作る楽曲にもそれは反映されている。そのため、映像が目に浮かぶようなストーリー性のある楽曲が多い。

アーティストページへ