MISS MEMAIDのジャケット写真

歌詞

MISS MEMAID

kotowari

長い時を漂い果て またここまで流れついた

応えられない思い入れを 花と共に流れついた

埋められない 心の傷が

夜の夢にあらわれ

変えられない過去の事を

ひたすら責め続ける

夢の中の人魚姫は 思いだけじゃ救われない

飾りばかり 棄てきれない 水槽もがく魚故

辛い時の波にもまれ また誰かが流れついた

巧くいかない障害に 終りを告げ流れついた

埋められない 心の傷が

夜の夢にあらわれ

変えられない過去の事を

ひたすら責め続ける

幸せでした? けどサヨナラ

祈りばかり繰り返して

封じられた 叫ぶ音は 戻らない過去の名前たち

連れ去ってく 終りの後悔

泡になってしまっても

闇の中で光る意思が

明日を照らすだろう

夢の中の人魚姫は 思いだけじゃ救われない

飾りばかり 棄てきれない 水槽もがく魚故

歩ける脚があればきっと……

  • 作曲

    kotowari

  • 作詞

    kotowari

MISS MEMAIDのジャケット写真

kotowari の“MISS MEMAID”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    MISS MEMAID

    kotowari

kotowariの明るい疾走ナンバー!!

アーティスト情報

  • kotowari

    ロックバンド「kotowari」は、ツインギターの重厚なサウンドと情熱的なメロディーが特徴のハードロックバンドです。彼らの音楽は、力強さと感情を交錯させる独特の魅力で、聴く人々の心を掴みます。彼らのプレイは、圧倒的なテクニックと音楽性が融合し、迫力あるパフォーマンスを生み出します。また、彼らの歌詞は、現代の苦悩や情熱を綴ったものであり、リスナーに深いインスピレーションを与えます。kotowariの音楽は、ギターリフの炸裂とドライブ感溢れるリズムセクションによって支えられており、そのエネルギーはライブパフォーマンスでも存分に発揮されます。彼らのステージに足を踏み入れれば、熱狂的なオーディエンスと一体感を味わいながら、疾走感溢れる音楽の世界に浸ることができます。kotowariは、ハードロックの枠を超えた独自の音楽で、聴く人々を魅了し続けています。彼らの情熱、技術、そして音楽への強い信念から生まれるパフォーマンスは、一度聴いたら忘れることはありません。kotowariの音楽は、あなたの心と魂に響き渡り、ただ聴くだけでなく、心を揺さぶり、新たな感情を呼び起こすことでしょう。

    アーティストページへ


    kotowariの他のリリース
"