Live is Beautifulのジャケット写真

歌詞

Live is Beautiful

prink

歪む 飲み干すサイダーの

空き瓶越しのBlue sky

さぁ今日が始まる

キミが見つけてくれたから

輝く私のLife time

泥だらけでも走れるの

失うのが怖いなら

何も持たなきゃいいんだし

手ぶらで

さぁGo my way

裸足のまま 駆け出した私達のstory

未来は風まかせで 今を抱きしめて生きるの

この空の下 この景色 この笑い声

同じ今日はニ度と来ないんだよ

Live is Beautiful

キミと

誰も教えてくれないよ

"私の生き方"なんて

教室を飛び出すの

同じモノサシなんかじゃ

計れない私のLife size

フライング気味にスタート

さぁ迎えにいくよ

まだ出会えていないなら

目一杯 手をふって

永遠なんていらないの だってこの今は

限りあるモノだから 光り輝いてくれるの

もしかしたらさっきまでは知らない同士の

私達が今繋がるんだよ

Live is Beautiful

キミと

変わってくモノと変わらないモノ

両手に持って

「どっちも守りたいの」と

ワガママに駄々をこねるの

裸足のまま 駆け出した私達のstory

未来は風まかせで 今を抱きしめて生きるの

この空の下 この景色 この笑い声

同じ今日はニ度来ないんだよ

Live is Beautiful

キミと

  • 作曲

    GA-HA-

  • 作詞

    GA-HA-

Live is Beautifulのジャケット写真

prink の“Live is Beautiful”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    Live is Beautiful

    prink

過去プレイリストイン

Live is Beautiful

Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2022年9月9日

アーティスト情報

  • prink

    ”prink”=華々しく魅力的になるために、特別な装いを身にまとうことを意味する。 2019年12月25日、東京・上野で挑戦した初ワンマンライブは小さなライブハウスながら満員のファンと共に会場を沸かせた。 2020年、東京・六本木のライブハウスでの月一回の自主企画イベント「Step by Step」を軸に、さらに活動の枠を広げインストア・イベントも精力的に取り組んで行く予定がコロナ禍により総崩れ。全国各地で展開予定だったインストア・イベントは会場を関東近郊の<道の駅>などの商業施設の野外会場に変更し、ソーシャルディスタンスを保って精力的に実施。 また、自主企画イベントを「Step by Step Online♪」に名称変更し、無観客無料配信ライブとして2020年11月17日まで月2回開催。最終回は<有料>配信として開催し、200名を超えるファンに有料配信を視聴していただくまでに至った。 2021年、無観客無料配信ライブは「Keep on ****」というタイトルで継続。 最終回となる2021年12月28日には、渋谷club asiaにてワンマンライブ【Believe in our Future】を開催。 有観客+有料配信=総動員300名の目標に対し、有観客130名+有料配信220名=総動員350名を達成。 2022年。 ・無観客無料配信ライブ「Keep on+」(毎月第2木曜日) ・定期有観客ライブ「Keep on+“The Stage”(毎月第4木曜日) この2つの年間企画イベントを軸に精力的に活動。 最終回の2022年12月29日(木)には一年の集大成として<渋谷WWW>でのワンマンライブ Keep on+ Grand Final「Wish 4 Peace」を開催。 有観客250名+有料配信250名=500名を目標に掲げた結果、有観客218名に加え、有料配信はアーカイブ期間中に282名に達し、総動員500名を達成。 2023年。 メンバーSAKURAが体調改善のため2022年末で引退したことにより、YURIKO、MAI、AYAEの3名体制でスタート。 ・有観客主催ライブ「Daisy」(毎月第3木曜日) ・無観客無料配信ライブ「Daisy “online”」(毎月第1木曜日) 引き続き、有観客・無料配信の2つの年間主催企画と、週末に開催予定のフリーライブを軸に精力的に活動中。 ※Daisy(デイジー)とは日本名でヒナギク。花言葉は「平和」「希望」。

    アーティストページへ


    prinkの他のリリース

Get Back Entertainment

"